おすすめ年収UPした転職サイト・転職エージェント

【プログラミング就労移行支援】おすすめの障害者訓練【ランキング】

atGP(アットジーピー)ジョブレットIT・Web

こんにちは、プログラミングに特化した就労移行支援(障害者訓練)を知っていますか?

最近ではプログラミング就労移行支援(障害者訓練)が巷で話題を呼んでいます。

全国展開しているサービスから東京、大阪、札幌(北海道)、東北(仙台)、名古屋、福岡など地方に特化した障がい者のためのプログラミング就労移行支援(障害者訓練)も増えていますのでおすすめランキング順でサービスを紹介していきたいと思います。

この記事がおすすめな人

  • これからプログラミング就労移行支援(障害者訓練)を受ける人。
  • どのプログラミング就労移行支援がいいのか迷っている人。
  • プログラミング就労移行支援の内容を知りたい人。
  • 初心者でも付いていけるか不安な人。
  • プログラミング技術を学び将来的に年収UPなど目指したい人。

 

【プログラミング就労移行支援】おすすめの障害者訓練【ランキング】

プログラミング就労移行支援の流れ

プログラミング就労移行支援の流れ

  1. 就労移行支援の見学会を予約。
  2. 見学会に参加。
  3. 見学会で自分に合っていればプログラムに参加。
  4. 就労移行支援スタート。
  5. 就労移行支援終了。
  6. 就職・転職。

就労移行支援を受ける前に意識したいこと→必ず見学に行く

まず就労移行支援前に意識したいことは”体験・見学会に参加後に決める”といった点です。

インターネットの情報や人から聞く情報は、その人の偏った意見が反映されている場合があります。

なのでまずは自分で就労支援事業所をみて必ず見学会に参加するようにしてください。

 

自分にプログラマーがあっているかわからない人へ

まず大事なのが自分にプログラミングがあっているのか不安だ、見学会に参加するまえに知っておきたい。

そんな人はテックアカデミー無料体験を試してみて自分にプログラミングがあっているのかを見分けてから、説明会に参加してみてもいいでしょう。

プログラマーってどんな仕事か気になる

現在、世界全体でプログラマーの数が枯渇しています。そのため比較的高待遇で雇用状況も非常によいというのが現状です。

プログラマーがどんな仕事か気になる!

障害者がプログラマーを目指す場合、どの様な事が課題なのか知りたい場合はジョブレットIT・Webなどの無料体験に参加し、現場に声を聞くと非常に勉強になりおすすめです。

 

障害者プログラミング関連求人の待遇

ランスタッド障害者プログラマー求人

まず障がい者(障害者)のプログラマー求人の単価をリサーチしてみましょう。障害者関連の求人情報はランスタッド(障害者求人情報一覧)でログイン後確認してみてください。

ランズタッドでは障害者のプログラミング関連求人の年収、300万円〜600万円のものが多く掲載されています。これからプログラマーとして就職を目指す方は障害者関連のプログラマー求人を観覧して実際の年収・待遇といったイメージを膨らませておきましょう。

 

【プログラミング就労移行支援】

障がい者エージェントが運営するプログラミング就労移行支援

atGP(アットジーピー)ジョブレットIT・Web

atGP(アットジーピー)ジョブレットIT・Web』は障がい者のための転職エージェントであるatGPアットジーピーが立ち上げたWeb・ITプログラミングに特化したプログラミング就労支援になります。デジタルハリウッドと共同してサービスを提供しています。

東京の渋谷で行われる就労移行支援で条件として”①東京渋谷に週4日〜6日(月曜日〜土曜日)通うことができる人”に向けたプログラミになります。説明会・見学会はこちらから予約可能です。

未経験者から経験者まで幅広いサポートを行っているatGP(アットジーピー)ジョブレットIT・Webを運営しているのは障がい者転職エージェントのatGPになります。atGPが運営しているため障がい者への就職に非常に強く大手企業への就職も可能です。

まずはお気軽に体験・見学会に参加して自分にプログラミングがあっているか、就職先や将来的なビジョンを講師の先生と話し合ってみてもよいでしょう。

atGP(アットジーピー)ジョブレットIT・WebはIT教育に特化したデジタルハリウッドと障がい者就職サポート国内トップのatGP(アットジーピー)が提携している就労移行支援です。

東京(渋谷)に通学・通勤が可能な方は是非一度見学会に参加してみてください。

▶︎atGPジョブレットIT・Web(公式)

発達障害・精神障害者むけのIT系就労支援

フロンティアリンクキャリアセンター

フロンティアリンクキャリアセンター』は全国展開している発達障害・精神障害者のためのIT特化型就労支援事業所です。フロンティアリンクキャリアセンターはITに特化した就労支援事業所ですが、障がい者の方へのメンタルケアや外部医師と連携したきめの細かいサポートが非常に話題の就労支援事業所です。

IT特化の就労支援事業所としての機能だけではなくヨガや認知療法・個別カウンセリングなども充実しています。またパソコンが苦手な人に向けてWordやexcel操作が学べるコースもありますので説明会に参加してみることをおすすめします。

▶︎フロンティアリンクキャリアセンター(公式)

IT・プログラマの就労移行支援

パーソナルチャレンジ

パーセナルチャレンジ』は東京の秋葉原に就労移行支援事業所をもつIT特化型の就労支援サービスです。パーセナルチャレンジはデータサイエンス、AI・機械学習関連のプログラミングに特化した就労移行支援事業所になります。

就労移行支援サービスを開始したのは2019年でこれから徐々に卒業生を輩出していくようです。まだ新しい事業所のため就職実績など情報があまりありませんが、プログラミングの中でも機械学習に興味がある人は一度体験会に申し込みしてみてもいいでしょう。

▶︎パーセナルチャレンジ(公式)

 

プログラマーは若者を中心に非常に人気が高い職業です。プログラマ関連の就労移行支援事業所もこれからどんどん増えていくと言われています。

プログラマーは知識さえ身につければ在宅ワークも可能で、業界もこれから伸びていく業界なので頑張りが給料に反映されるため非常に人気が高く、各企業の労働者への採用意欲も非常に高いようです。

プログラミングは1人で技術習得かのうですが1人で学習すると挫折してしまう人も多いようです。

また就職のハードルも多少高いこともあるかと思います。

プロが作ったカリキュラムで学習ができ、就職のサポートをしっかりと行っているプログラミング就労移行支援を利用してください。

以上、【プログラミング就労移行支援】おすすめの障害者訓練【ランキング】でした。

プログラミング就労移行支援事業所の見学前に参考にしてください。



障害者おすすめの転職サイト転職エージェントランスタッド障がい者(障害者)求人の評判
【おすすめ】障がい者(障害者)転職サイト&転職エージェントを比較

atGP(アットジーピー)ジョブレットIT・Web
【プログラミング就労移行支援】おすすめの障害者訓練【ランキング】

ランスタッド(Randstad)株式会社の障がい者人材サービス
【障がい者(障害者)】外資系求人ランスタッド(Randstad)で年収は上がるのか?【評判】

【障害者(障がい者)の総合転職サービス】アットジーピーatGPの評判と面談!

ラルゴ高田馬場
【障がい者転職就職サービス】評判と口コミ!障がい者求人サポートのラルゴ高田馬場

ニューロワークス大塚センター
【就労サービス】医療機関と連携した就労サービス!!ニューロワークス大塚センターの評判と口コミ