就活まとめ!就活サイト、転職サイトの評判、評価、体験談、口コミ

プログラマーとは?気になる年収やプログラマー未経験者が仕事をスタートする方法!

2018/05/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

未経験者がプログラマーになるには『どのくらい時間をかけれるか?』『どれだけお金をかけれるか?』『何を勉強したいか』『就職をどうしたいか?』がポイントになります。

今回はプログラマーの仕事や年収、メリットデメリットを紹介後、この4つのポイントについて触れていきたいと思います。

プログラマーの仕事内容/プログラマーの意味

 

プログラマーとは?

  • プログラム言語でソフトウエアを開発する人。
  • プログラムを構築する人。

現在、プログラマーは収入が比較的高く、とても人気の高い職業の一つです。20代学部別平均年収ランキングでも2位と上位に位置しています。

現在コンピューターのプログラムは私たちの生活の中で密接に関係しています。

IT業界だけではなく家電業界や携帯電話、ゲーム、音楽、映像などさまざまな分野で活用されているプログラム。このプログラムを作り出す仕事をプロウラマーとよびます。

具体的にはC言語やJava言語などプログラム言語をもちいてソフトウエアを開発していきます。

一般にはシステムエンジニア(SE)がさだめた仕様にしたがってプログラムを構築していきます。

プログラマーのメリット&デメリット

プログラマーの裏側と闇


日本はIT分野で他国と比べて大きな遅れをとっています。

イギリスでは2014年の9月頃からプログラミングの義務教育を行っていました。

日本では6年以上遅れて2020年よりプログラミングを義務教育に導入しようとしていますが、世界的に見ても非常に対応が遅いようです。

この遅れがプログラマー不足を深刻化させ、最近では日本国内だけで30万人近くのエンジニア不足を起こしています。

このような、人手不足を補うためにプログラマカレッジのような無料スクールに協賛金を出してプログラマを1人でも多く採用したいというのが各企業の本音のようです。

プログラマが比較的、高給取りで経験が浅くとも大手企業に入社しやすい背景にはエンジニアの人手不足が挙げられます。

 

プログラマは転職者やフリーターでもまだまだ夢が持てる分野です。

PC1台あれば個人でも挑戦可能でリスクがかなり低いので、これから人生を変えたい人はチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

 

 

プログラマーの魅力

 

プログラマーの魅力

  • さまざまな分野に用いられる。
  • 手に職。
  • プログラアマーからSE、ネットワークエンジニアになれる。

プログラマーは専門性が高いため手に職といえる職種です。自分が作ったプログラムが形となり活用されることをやりがいと感じる人も多く進歩が早いため、働きながらスキルアップが可能です。

需要が多いため不況にも強く安定した収入を得ることも可能です。

さらに経験を積めばプログラマーからシステムエンジニア(SE)やネットワークエンジニアにジョブチェンジも可能になります。

 

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアに関しては、ネットワークエンジニアのITスクールネットビジョンアカデミーの記事の中で紹介していますので参考にしてください。

ネットビジョンアカデミーの記事を読んでおわかりいただけるように、ネットワークエンジニアはどちらかというとハッカーのようなイメージが強いのかもしれません。

ではプログラマーは具体的にどのようなシーンで活躍しているのでしょう。

プログラマーの種類

プログラマーの種類をほんの一部ですが書き出してみました。

  • ソーシャルゲーム:GREE、モバゲー、パズドラ、などの会社でゲームの開発が出来る。
  • SNS:Facebook、LINE、Twitter、mixiなどのSNSの会社で開発が出来る。
  • スマホアプリ:ゲームはもちろん、天気アプリ、カメラアプリ、その他日常の様々な生活やエンタメなどのアプリ開発が出来る。
  • ポータルサイト:Yahoo!、楽天、ぐるなび、不動産サイト、中古車サイトなどの開発が出来る。
  • 広告系:インターネット上の広告配信システムや、効果測定システムなどの開発が出来る。
  • エンタメ系:Blog、動画、音楽などの開発が出来る。
  • 業務系:公共、銀行、証券、医療、物流、通信など我々の日常生活の裏側を支えるシステムの開発が出来る。

この他にも仮想通貨やAI(人工知能)関連のプログラマーなど、これまでにない職種も続々と登場しています。

プログラマーの需要

w9v9a3468_tp_v

 

プログラマーの需要

  • 右肩あがりで今後途切れることはない。
  • 社員の成長に期待して人材育成を行う企業が多い。
  • 実務経験だけではなくやる気も評価対象。

プログラマーはさまざまな方面で必要とされる活躍の幅がとても広い業種です。IT業界だけではなく、自動車業界、ゲーム業界などさまざまな活躍の場があり、業界の成熟とともに数々の需要が生まれるため、今後も需要は途切れることはありません。

現在はソーシャルゲームバブルが過ぎ、景気が落ちついたことから金融、公共、通信系のシステム開発の仕事が増えています。

インターネット広告業界は好調を保っているため今後も一定の需要が見込めています。

ここ数年IT業界の有効求人倍率は急激に回復していて求人数が求職者をはるかに上回っています。

不況と言われる現代でもプログラマーは売り手市場(求職者に有利な市場)だといえます。

ECサイトやSNS、BtoCサービスなどの技術者も引く手数多の状態です。

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e6%b1%82%e4%ba%ba%e6%95%b0

即戦力が武器となるプログラマー業界では経験者が優遇されます。

しかし未経験者でも活躍できる可能性が高いのも事実で、仕事では経験だけではなくやる気も評価対象になります。

 

一般的なプログラマーの平均年収

 

お給料の比較

  • プログラマー(30代)平均年収:約419万円
  • SE(30代)平均年収:537万円
  • 日本人(30代)の平均年収:約392万円

男女別の年収は男性430万円、女性369万円になっています。男性の方が管理職に就く割合が高く、比較的年収が高い傾向にあります。

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%b9%b3%e5%9d%87%e5%b9%b4%e5%8f%8e

プログラマー

平均年齢31.9歳
勤続年数6.5年
労働時間161時間/月
超過労働20時間/月
給与月額310,900円
年間賞与461,800円
平均年収4,192,600円

 

システムエンジニア

平均年齢36.4歳
勤続年数10.7年
労働時間157時間/月
超過労働21時間/月
給与月額370,100円
年間賞与935,000円
平均年収5,376,200円

 

ちなみに日本人の平均年収は30代で392万円だと言われているので比較的高いお給料を受けとることができることがお分かりいただけるとおもいます。

出典:厚生労働省「平成24年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。

参考引用サイト:プログラマカレッジ

 

プログラマーとAI(人工知能)

 

AI産業

  • 市場規模が1600倍の成長予定。
  • 今後、市場にAIを広げる技術営業、AIを開発するプログラマーの求人が増加する。

人工知能で人間の職種が少なくなるのでは?といわれていますが、プログラマーにおていはそのような事はありません。むしろ、AI関連の求人数はこれから年々増加していきます。

AIは年々注目されています。AI産業は2016年から2021年にかけて、市場を16倍に伸ばすと言われている一大産業です。

AIの実用化にはまだまだ課題があり、AIをどのように社会で役立て普及させるかまだまだ実験段階です。

実験段階ということもあり、1から人材を集めたり、人材育成を行う企業も多くいまがその準備段階といえます。AIの普及に関してはAI関連の営業、技術営業が大きく求人数を伸ばすと言われています。

AIの普及に伴い、重要になってくるのがシステムを構築するプログラマーの存在です。AIのプログラマーはAIに学習させるプログラミングを構築していきます。

AIプログラマーはデータを分析する力が必要とされています。データを分析するには基本的なプログラミング能力が必要とされてきます。

AIエンジニアを目指す第一歩として基礎的なプログラミングを学ぶためにプログラマカレッジなどを足がかりとして利用するのも一つの手段といえます。

AI関連応募求人をみると以下のようなプログラミング言語を習得している、エンジニアを採用条件にあげている企業が多いようです。

AI関連求人応募に必要とされる言語

JAVA
Ruby
Python(パイソン)
Go言語
HTML5
CSS3

現在AI関連求人の応募条件で必要とされている主な言語を一部抜粋しました。必要とされる言語は企業によって様々で、書き出した言語を全て習得しなければいけないという訳ではありません。

これからプログラミングを習得する人は、全ての言語をいっぺんに理解しようとはせずにプログラマカレッジのようなスクールに通い、ひとつひとつの基礎を学ぶ姿勢が重要です。

 

まずは基礎から学び徐々に自分の就職したい業界に近づけるよう学習することが重要になります。

 

特に、人工知能を学びたい方はプログラミング言語Pythot(パイソン)を学習する事をお勧めします。

ブロックチェーン・プログラミング(暗号通貨/仮想通貨プログラマー)

 

仮想通貨関連プログラマー

  • 市場が4000倍の成長。
  • 仮想通貨関連の求人で月収100万円以上の求人も珍しくない。

凄まじい速さで成長している仮想通貨市場、仮想通貨の需要に伴い仮想通貨関連のプログラマーの求人数も増加しています。

特に取引所の運営は月収100万円近い求人も多いため、これから仮想通貨関連の就職先に就職したいというプログラマーも多いことでしょう。

仮想通貨は2017年度に前年比の約4000%(40倍)以上に成長しています。今後5年で550兆円の市場拡大が予想されています。

仮想通貨に取り入れられるブロックチェーンという技術も注目されていて、2021年までに約300億円の成長規模だと予想されています。

仮想通貨関連求人応募に必要とされる言語

JAVA
php
linux
C#
HTML5
CSS3

AI関連の求人と同じことが言えますが、仮想通貨関連求人は必要とされる言語は企業によって様々で、書き出した言語を全て習得しなければいけないという訳ではありません。

これからプログラミングを習得する人は、全ての言語を理解しようとはせずに、ひとつひとつの基礎を学ぶ姿勢が重要です。

まずは基礎から学び徐々に自分の就職したい業界に近づけるよう学習していきましょう。

プログラマー未経験者がプログラマーになるのは?

未経験者がプログラマーになるには『どのくらい時間をかけれるか?』『どれだけお金をかけれるか?』『なにを学びたいか』『就職をどうしたいか?』で独学か有料スクールか、無料スクールかの選択肢が出てくると思います。

  • 独学
  • 有料スクール(大学、専門学校、その他IT教室)
  • 無料スクール

プログラマーの勉強は、ネットの情報である程度のレベルまでは学べるので完全に独学では無理ということはありません。

ただ問題は、学べるかどうかという問題ではなく…。

学び方を学べるかという点です。

その点、独学よりも有料スクールや無料スクールを利用したほうがいいでしょう。

 

 

また就職については独学や有料スクールは無料スクールのように手厚い就職サポートはありません。

なぜ無料スクールの就職サポートが手厚いかというと、無料スクールの運営は、生徒を企業に紹介することによる協賛金や、国の補助金で成り立っているからです。

 

(スクールにもよりますが)無料スクールに進学したからといって絶対就職しなければいけないというルールはありません。

 

いま国内の、IT業界では業界全体で1人でも多くのエンジニアを育成しようとしています。

新たな人材の育成が、国内のIT産業の発展につながります。

 

いまからプログラマーを目指したいという方は勉強の仕方、就職の仕方から考え独学、有料スクール、無料スクールの3点から自分にあったスタイルを見つけ出しましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

Copyright© 就活まとめ内定リンク , 2018 All Rights Reserved.