就活まとめ!就活サイト、転職サイトの評判、評価、体験談、口コミ

【2022就活解禁】2022年度の就職活動の傾向とスケジュール(始め方)〜サマーインターン(夏インターン)と注目の2022就活サイト〜

2018/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

こんにちは、就職活動の情報を発信している就活まとめ内定リンクの管理人です。

  • 皆さんは、就職活動を始めていますか?
  • 将来の仕事を意識して行動していますか?

最近の就職活動の傾向をみていると3年生のうちからサマーインターン(夏インターン)やOB訪問、OG訪問が頻繁に開催されています。

数年前までインターンやOB訪問、OG訪問は珍しく4年生の3月に就職活動をスタートさせても間に合っていたのに、いまでは4年生の3月に就職活動を始めても遅すぎます。

逆算すると、『大学1年生から2年生までには、就職したい企業や業界をイメージしておかないと、3年生の就職活動開始しないとなに合わないじゃないか。と思ってしまいます。

 

今回は、2022年卒業予定の学生に向けて記事を書いていきます。

記事は随時更新なのでブックマークをお勧めします。

 

 

日本国内の大学生は毎年約56万人の卒業生を輩出します。

その中で41万人は就職を希望している状況です。

4年生の7月頃には80%以上の学生が内定し就職先が決まっている状況です。

 

ただし無事に就職できたとしても10人中3人は3年以内になんだかの理由で会社を退職しています。

退社理由は寿退社などいい意味合いの退社もありますが、なかには仕事が自分にあっていなかったり、人間関係で会社を辞めてしまう退社もあります。

 

本当は海外のように、大学卒業後は何社も渡り歩き自分に合った仕事を見つける時間があればいいのですが、日本は文化的に難しい現状があるので、大学在学中に何社も会社をみておく必要があります。

そのためにも1年生、2年生のうちにスケジュールを把握して行動することが求められます。

 

Contents

2021年新卒就職活動の流れとスケジュール

まずは就職活動の基本的な流れを把握しておきましょう。

就職活動の基本的な流れ

自己分析→業界分析→企業分析→説明会→エントリーシート提出→選考試験→選考面接→最終面接→内々定→内定

この就職活動の基本的な流れは、いつの時代も変わりません。

自己分析から始まり、業界分析、企業分析、説明会、ES(エントリーシート)、選考試験、面接、内定になります。

最近では、インターンシップやOB訪問OG訪問も頻繁に行われています。

日本経団連が定める就職活動スケジュールと実際のスケジュールの違いを理解しよう

 

日本経団連は大学生の皆さんが、大学3年生になる頃に就職活動スケジュールを発表します。

就職活動スケジュールは2016年以降ここ数年は大きな変化はないので日本経団連は2022年度の就職活動スケジュールを以下のような日程で発表すると推測します。

2022年度の就職活動予想日程(仮)

  • ナビサイトエントリー:(4年生の)3月1日
  • 採用活動開始:(4年生の)6月1日
  • 内定式:(4年生の)10月1日

ただし、日本経団連の発表するスケジュールは実際の企業が新卒向けに行う就活スケジュールとは違います。

 

日本経団連の就活スケジュールは守られていない

 

上の円グラフは日本経団連が定めた、採用スケジュールが守られているか否かを人事や各企業にアンケートした結果になります。

90%以上の企業が守られていない、ほとんど守られていないと回答しています。

では実際の企業が行う就職活動スケジュールはというと以下のようになります。

 

企業の就職活動スケジュール

 

  • (3年生の)6月1日 インターン開始
  • (4年生の)3月1日 就職活動解禁
  • (4年生の)3月〜9月 就職試験
  • (4年生の)10月 内定式
  • (4年生の)10月以降 秋冬採用
  • 既卒採用:卒業後4月以降

 

大手企業は3月に採用をスタートし8月に採用活動を終了する企業が多いようです。

通常の採用活動が終了しても秋採用、冬採用を行う企業もありますが、春夏採用よりも採用人数は減り、会社数も減ってしまいます。

以下の図は2020年度卒業の学生へ向けて作った図ですが2022年も就活スケジュールは変更されないという前提で作っています。

 

 

2022年卒インターンシップ

就職活動においてインターンシップはかなり重要なものになってきました。インターンシップに参加することは以下のような意味なあります。

2022年卒インターンシップにいく意味

  • 志望動機が明確になる。
  • OB訪問、OG訪問を行いやすくなる。
  • インターンを選考と位置付ける企業がある。
  • 面接でのPRに使える。
  • 企業は採用したい学生をリストアップしている。

ちなみに春夏秋冬のインターンシップには以下のような役割があります。

 

2022年卒春インターンシップ

春のインターンシップは大学3年生の3月〜5月までに開催されます。就職説明会を兼ねたインターンシップが多く、中にはこれからの就職活動に大切なセミナー付きのインターンシップも開催されますが本格的にインターンが始まるのは6月なのでまだまだスローペースな印象です。

 

2022年卒夏インターンシップ(サマーインターン)

夏のインターンシップは6月〜9月までに開催されます。大手企業も夏のインターンシップを行うことが年々増えています。

インターンシップは主に夏休み期間に開催されますので3月〜4月、遅くても5月〜6月までにナビサイトに登録しておかないと、インターンの予約が取れなくなります。

夏のインターンで企業は採用したいと思える学生をリストアップすることが有るので必ずインターンには参加しましょう。

 

2022年卒秋インターンシップ

秋のインターンシップは比較的短期的に開催されます。春のインターンシップ、夏のインターンシップ、冬のインターンシップと比べて開催数は少なくなっています。

10月に内定式が行われるので内定式以降に秋インターンに力を入れる企業もあるようです。

 

2022年卒冬インターンシップ

冬のインターンシップでは早期内定者が出る事があります。冬のインターンシップは就職活動解禁前に、就活生にPRする目的も含まれています。企業の中には採用条件にインターンの参加を盛り込んでいるところもあるので気をつけてチェックしておきましょう。

 

 

*インターンでは必ずスーツは着用してください。

 

2022年就職氷河期問題

2022年の出来事は2022年にならないとわかりませんが、日本は東京オリンピックの影響で大不況を迎えるのではないかと予言する専門家がいます。

バブルが崩壊して長い不況が始まり、2020年のオリンピック前にやっと景気が回復してきましたが、2020年以降日本は様々な問題を抱えています。

歴史をみてもわかるようにオリンピックの開催以降は景気が極端に落ち込む傾向にあります。さらに日本は人口の減少も問題視されています。

2022年オリンピック後の就職不況問題と日本経済

オリンピック後の日本に不況が再来するのでしょうか?

2022年はオリンピックが終わった翌年ということで、就職率が悪くなるのではないかと心配する声が聞こえてきます。

実際に2022年はオリンピックの影響で景気が悪くなることが予想されています。

ここで過去のオリンピックを少し振り返ってみましょう。

 

ソウルオリンピック

ソウルオリンピックでは、韓国の労働賃金が上昇しました。韓国の通過ウォンが高騰し、韓国の輸出産業に大きなダメージを与えました。

シドニーオリンピック

シドニーオリンピックではオーストラリアの景気は1%〜2%低下してしまいました。

アテネオリンピック

ギリシャでかいさいされたアテネオリンピックの1年後、ギリシャは経済破綻しました。

東京オリンピック(1969年)

では過去の東京オリンピック(1960年昭和40年)はどうだったかというと、建設業の需要が減ってしまい不況に陥ってしまいました。さらにテレビの飽和で、日本の家電メーカーも不況に陥ってしまいました。

 

オリンピックの2021年就職活動生への影響

東京オリンピックで一時的に景気は良くなりますが問題は、東京オリンピックが終わった後です。

過去のオリンピックの結果をみて東京オリンピックは日本全国にさまざまな変化を与えそうです。例えば、現在オリンピックの影響で盛り上がっている建築業やホテル業、警備、シェアカー、シェアバイクなどは需要が飽和状態になった後にどのような対応が行われるかが阿吽を分けそうです。

これから海外展開を進めている人材関係会社は、日本の景気が落ち込んでも順調に業績を伸ばすのではと考えまれます。リクルートを中心とする人材関連会社は現在、海外展開をすすめています。海外展開で需要を大きく伸ばしながら、国内が不況になったときにでもいい人材を企業に送ることができれば、オリンピックなどの一時的なイベントに左右されず業績を伸ばし続けるでしょう。

 

 

2021年に注目するべき企業

2021年に注目しておく企業をべき企業を選び出してみました。これから就職活動を行う皆さんは参考にしていただければ幸いです。

クレジット関連事業

クレジットはここ10年で発行枚数を1.5倍増やしています。クレジットカード発行枚数増加の背景には、インターネットなどのECサイトの増加があげられます。また電気料金などの公共料金もカード決済が可能になったため発行枚数が増えています。最近では、楽天カードなど学生が作れる審査がゆるい若年層向けのクレジットカードも増えています。

2021年もインターネットの買い物や若年層向けクレジットカードの増加で、カードの需要がますます増えそうです。

宇宙開発

宇宙産業、宇宙ビジネスは今後注目される事業の1つです。世界的に宇宙産業で盛り上がっています。日本も宇宙産業への参入を進めています。日本の宇宙産業は世界的に見てかなり出遅れていると言われています。

日本の宇宙産業に出遅れている理由の1つに民間のロケット打ち上げ場の少なさがあげられます。

日本政府はこれから民間での衛星やロケット開発、打ち上げ場の整備などを進めることで、宇宙開発を後押しする方針です。これから小型ロケットの開発や打ち上げで日本は巻き返しを計っていくようです。

日本の宇宙開発といえば、JAXAが有名です。現在JAXAでは宇宙環境での閉鎖環境適応訓練の被験者を募集中です。

閉鎖環境適応訓練は一回の被験で38万円のお給料を受け取ることができます。詳しくは、JAXA閉鎖訓練適応訓練の記事を参考にしてください。

また閉鎖訓練の他にもJAXAには設備メンテナンスや受付などさまざまな業務を募集しているので、詳しくはこちら(求人アプリで宇宙関連のアルバイトを探す)を活用してください。

ドローン関連事業

2020年度ドローン関連事業の求人数増加が期待されています。ドローン関連専門の就職活動サイトのスカイエージェントによると、2016年度の日本国内市場規模は199億円になると予想されています。2020年度は1138億円になると予想され世界市場は1兆5600億円になると予想され今後も拡大が見込まれています。

アメリカでは2025年までに10万人のドローン関連雇用が生まれると予想され、日本でも3〜5万人もの雇用が生み出せるのではないかと予想されています。

ドローン関連ビジネスについてはスカイエージェントの記事に詳しく記載しているので、興味のある学生さんは参考にしてください。

▶︎ドローン専門求人サイトのスカイエージェントとこれからのドローン産業

 

IT産業(AI、ネットワークエンジニア、プログラマー)

アメリカの調査によると、2020年までに140万人のプログラマが必要とされている中、100万人のプログラマが枯渇している状態だといいます。

日本でもプログラマ不足は年々、深刻でこの問題点を解決するために各企業は『プログラマカレッジ』や『ネットビジョンアカデミー』のような無料ITスクールが増えています。

 就活まとめ内定リンク
就活まとめ内定リンク
https://naitei.link/engineer/programmer
就活まとめ!就活サイト、転職サイトの評判、評価、体験談、口コミ

 

情報関連(プログラマー関連)/知的産業/AI

IT業界のなかでもAIなどの分野は2021年度までに16倍に市場規模を伸ばすと言われています。AIの発達に伴い、AIを広げるためのマーケティングから開発を行うプログラマーの採用が年々増加しています。

今のうちに人工知能関連の学習をしておけば、就職に困ることはないでしょう。

人工知能関連のプログラミングに関しては、Creator’sHive(クリエイターズハイブ)のPythonコースで学ぶ言語を抑えておくといいでしょう。

 

仮想通貨関連事業

仮想通貨は年々注目され2018年度は仮想通貨元年と呼ばれています。

仮想通貨の代表格であるビットコイン(Bitcoin)はどんどん価値を高めています。

仮想通貨を購入、資産運用するためにはウォレットと呼ばれる取引所の登録する必要が有ります。

この取引所(ウォレット)が今後伸びるのではないかと言われています。

 仮想通貨の購入運用

取引所(ウォレット)に登録>>本人確認>>仮想通貨を購入>>取引開始

取引所(ウォレット)は以下の日本企業が参入しています。

日本の取引所

coincheck
bitFlyer

 

仮想通貨関連プログラマー

仮想通貨の普及とともに注目されるのが仮想通貨関連のプログラマーの存在です。

仮想通貨関連のプログラマーは、プログラマー歴3年で月給100万円前後の求人も珍しくありません。

プログラマーの給料や仮想通貨関連プログラマーについてはプログラマカレッジの記事にまとめているので参考にしてください。

 

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは情報関連、IT関連に詳しくないひとにはなかなかイメージし難いかと思います。

イメージ的にはハッカーなどと戦うような職業です。

詳しい情報は、ネットワークエンジニアのネットビジョンアカデミーのなかで紹介しているので参考にしてください。

 

人気職業別の就職活動

2022年度アナウンサー採用のスケジュール

2022年度のアナウンサー採用のスケジュールは2020年の12月に各テレビ局から発表されます。

また各サービスの傾向からいうとアナウンサー関連のサマーインターンは2020年の6月に開始されます。

アナウンサーの就職活動については、アナウンサー女子アナウンサーの就職活動に詳しく記載しているので参考にしてください。

2021年グランドスタッフ/スチュワーデス採用

2018グランドスタッフ

 

2016年度12月号のAIR STAGE (エア ステージ)には2018年度向けの就職対策が記載されています。

面接前には一度チェックしてみましょう。

本の内容は以下にまとめました。

 

エアステージ12月号2018就活入門特集のおすすめポイント

  • 1年生〜4年生までの就活スケジュールについて。
  • ANA、JALにわけて先輩の就活情報について。
  • CA特有の就活スケジュールや面接、試験内容を紹介。
  • おすすめの企業研究や業界研究の方法を紹介。
  • 先輩CAと就活生による就活についての対談(Q&A)を記載。
  • CAの面接メイクや履歴書写真のポイントを紹介。
  • OB訪問の方法。
  • TOEIC(英語)の勉強方法。

エアステージ12月号を読んだ感想は、

2018年度の就活生だけではなく、現在大学1年生、2年生にも読んでほしい内容でした。メークや髪型のテクニックはもちろんTOEICの勉強方法や得点のあげかた、スチュワーデスに大切な立ち振る舞いや大変なこと、CAになるために重要なOB/OG訪問の方法など他では聞けないような話が多く記載していました。

CAになりたい学生には購入を検討してください。

参考書:エアステージ12月号2018年就活入門

 

就活ノートで質のいい情報収集を行う方法

就活まとめ内定リンクでは就活ノート無料テンプレートを公開しています。

就職活動でライバルに差をつけるコツは情報量と質です。

できるだけ早い段階から就活ノートを活用し情報収集を行いましょう。

 

2022年度新卒の就職傾向(人工知能が新卒採用でスタンダードになる)

2020年度の就職のポイントは人工知能です。

2018年、2019年と実験的にAIを利用した採用スタイルが2020年に新卒採用で本格的に導入されます。

ANAや三菱商事、オリエンタルランドなどは人工知能、GROW360を新卒採用で活用しています。

 

新卒採用の就活時の髪型と写真

身なりや写真は就職活動時の評価に大きく直結してきます。

就職活動の髪型

就職活動の髪型で特に悩んでいる女性は多いと思います。

女性の就活時の髪のセット方法は『マトメージュ』の記事のなかで公開しているので参考にしてください。

就活写真

就職活動の写真は焼き増しデータ、webエントリー専用のデータがセットになった写真屋さんで撮影しましょう。

焼き増しデータがあれば、一度写真をとればコンビニなどで1回30円で印刷することができます。

web専用データはナビサイトでのプロフィール画像に利用しましょう。

スタジオ名スタジオ728
場所全国20箇所
価格6800円
写真枚数8枚
焼き増しデータ化あり
webエントリー用データあり
美肌補正あり
公式予約サイトスタジオ728

2022卒の内定率(2022年度卒業予定者内定率)

以下に内定率を記載していきます。

2022年最新の内定率情報

まだデーターがありません。

2021年卒3月の内定率

記載予定

2021年卒4月の内定率

記載予定

2021年卒5月の内定率

記載予定

2021年卒6月の内定率

記載予定

2021年卒7月の内定率

記載予定

2021年卒8月の内定率

記載予定

2021年卒9月の内定率

記載予定

2021年卒10月の内定率

記載予定

 

2022年卒就活ナビサイトを利用すれば内定率は上がる

リクナビ2022、マイナビ2022やビズリーチ関連(ニクリーチ、BIZREACH CAMPUS(ビズリーチ・キャンパス)などはまだオープンしていません。オープンし次第以下でお伝えします。

リクナビ2022

リクナビ2022はまだサイトをオープンしていません。サイトがオープンし次第こちらでお伝えします。

 

マイナビ2022/マイナビ新卒紹介2022

マイナビ2022はまだサイトをオープンしていません。サイトがオープンし次第こちらでお伝えします。

 

ビズリーチ・キャンパス2022(BIZREACH CAMPUS2021)

マイナビ2022はまだサイトをオープンしていません。サイトがオープンし次第こちらでお伝えします。

 

ニクリーチ2022

ニクリーチ2022はまだサイトをオープンしていません。サイトがオープンし次第こちらでお伝えします。

 

キミスカ2022

キミスカ2022はまだサイトをオープンしていません。サイトがオープンし次第こちらでお伝えします。

2022年卒就活生にオススメのブログ記事や体験談

就活口コミサイト!みんしゅう(みん就)やVorkers(ヴォーカーズ)を利用するにあたっての注意点)

 

人工知能(AI)のGROW360がANA、三菱商事、オリエンタルランドなどで導入

 

アナウンサーの就職活動

 

理系、工学系の年収ランキング

 

 就活生の髪型、まとめ髪について

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

Copyright© 就活まとめ内定リンク , 2018 All Rights Reserved.