求人の用語を正しく理解しないと大変な事になる…。

受け身面接では就職成功は難しい

転職の就職の場合はスピードが求められます。

新卒の就職は、スピードはあまり求められませんが、10月に内定を取得しないと経団連のさだめる、内定式に間に合わないという制限があります。

新卒、転職どちらも時間との戦いになります。

短い時間の就職活動ですが、面接で企業に自分があっているか知ることは、応募者にとっても大切なことです。

 

面接を受ける前に応募書類(求人票)は必ず確認しよう

求人票にはややこしい記載が多く就職、転職活動を行うまでこんな表現、知らなかったと後悔してしまう事が多くあると思います。

たった1文字の差でも大きな差が生まれるので、求人票の意味を一字一句しっかりと調べながら求人票を確認するようにしましょう。

例えば完全週休2日制と週休2日制の違い

 

[aside type=”normal”]

完全週休2日制と週休2日制の違い

完全週休2日制:毎週2日間の休みがある事

週休2日制:2日間休日がある週が月に1ヶ月以上あること

[/aside]

 

求人票を確認して会社側の要望と自分の要望を擦り合わせよう

求人を確認し、会社側の要望と応募者側の要望を擦り合わせていきましょう。確認後、この会社に応募したいと決めたら、積極的にアピールしていきましょう。


 

面接とは会社側と応募者側のお互いが希望条件に合うのかを確認する場でもあります。入社したい、とりあえず雇って欲しいという受け身の姿勢だではなく、自分をアピールする事も大切です。

入社後に自分の思っていた会社と違うなどのミスマッチを1つでも減らすために、求人の確認はこまめに行ってください。

リクナビネクスト2016/5/27の記載に転職前に知っておきたい求人票の記載の違いなどが記載されているので、確認してみるといいでしょう。