おすすめ年収UPした転職サイト・転職エージェント

志望動機がない!就活で志望動機を作るたった3つのコツを解説【簡単に作れる】

就職活動で必ず考えないといけないのが「志望動機」。

しかし、明確な志望動機が思い浮かばなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

志望動機は、企業が選考で就活生を評価する重要な項目の一つ。履歴書に記入しますが、面接でも必ず聞かれます。

志望動機の内容によって、選考の評価が大きく分かれるかもしれません。

ここでは志望動機が思い浮かばない会社でも、選考で評価してもらえる志望動機を作るにはどうすればいいのかコツを解説します。

志望動機の作り方を理解すれば、本当にやりたい仕事や行きたい会社が見えてくる可能性も。

評価される志望動機を作って、就職活動の武器にしましょう。

 

「志望動機がない」と思うのは会社選択条件が足りていない

 

 

志望する会社はあるのに、いざ志望動機を作ろうとすると動機が見つからないのはなぜでしょうか?

ずばり原因は、「応募する会社の選択条件がふわっとした理由しかないから」です。

会社を以下のような理由で選んでいないでしょうか?

  • なんとなく選んだ
  • 仕事がラクそう
  • おしゃれなオフィスで働ける
  • カレンダー通りの休みが取れる
  • 会社の最寄駅が大きな駅だから便利
  • この会社なら自分でも働けそう

もちろん、上記を理由に会社を選ぶことは間違えではありません。応募する会社を選ぶ条件に必要となる項目です。

しかし、このようなふわっとした理由だけでは、堂々と企業にアピールするための志望動機が作れないでしょう。

では、応募する会社の選択条件を増やすこととは、どういうことでしょうか?

選択条件を増やすため、まずは「自己分析」と「企業研究」の2つをしてみましょう。

 

自己分析とは

 

就活における自己分析とは、「自分が持っているスキルは何か」「自分がどのような働き方をしたいのか」2点を考えることです。

スキルとは能力や技術を意味します。

自分が今まで経験や学習してきた中で、何が強みなのか、何が仕事に活かせるのかを考えてみましょう。

学習してきた内容をそのまま専門的な業界への就職に活かすのはもちろん、あまり自信がないと思えるスキルでも企業では重宝される可能性があります。

たとえば、「バイトで商品の売れ行きを確認しながら手書きのPOPを作り、商品売り上げに貢献した」という経験でも立派なスキルです。この経験から企業はマーケティングスキルを身につけていると評価します。

そしてもう一点、どのような働き方をしたいのか具体的に考えましょう。

働き方と聞いて、まず思い浮かべるのは、どのような職場で、どのような同僚や上司に囲まれて、どのように働くのかという場面かもしれません。しかし、それでは不十分です。

職場環境や仕事の待遇などを考えることは大切ですが、もっと重要なのは「どのように働いてキャリアを積むか」です。

「職務経歴」を意味するキャリアは、長い社会人生活において11日が大切な自分の実績となっていきます。

歩みたい未来を見据えると、それなら今就職するべき業界、業種とは?という考えが芽生えます。

 

企業研究とは

 

もう一つ重要な企業研究とは、言葉のままの意味です。

その企業が業界でどのような立ち位置なのか、どのような理念で経営しているのか、何を目指しているのかというように、経営視点を持つことが企業研究のポイントと言えるでしょう。

経営視点ということは、つまり社長の目線です。

志望する会社のトップが会社をどのように経営しているのか、これからどのようにしていきたいのかを理解することが、企業研究の大義となります。

そして、自分が一社員になったときにその理念の中でどのように力を発揮できるのかと考えていくと良いでしょう。

 

企業が魅力ある人材と感じる志望動機とは?

 

 

志望動機の内容に正解はありませんが、「企業が魅力ある人材と感じる志望動機」という点で志望動機を考える必要があります。

そのように感じさせるには「企業が個人を識別できる志望動機」を作ることが重要です。

就活生の志望動機は、以下のような定番の決まり文句があります。

  • 御社の理念に共感しました。
  • 御社の業務内容に魅力を感じています。
  • 御社なら成長できると思います。

このような志望動機の場合、企業がその就活生に対して評価をしない可能性が高いでしょう。

どれも在り来たりな定型文となっていて、人事担当者が就活生個人に魅力を感じないためです。

その企業を志望する多くの就活生の内一人に埋もれてしまい、選考を進めるのは厳しくなるかもしれません。

では「多く就活生の内一人」にならず、人事担当者が個人を識別できるような志望動機とはどのようなものか考えてみましょう。

 

人事担当者が個人を識別できる

 

人事担当者の立場で考えてみましょう。

企業が新卒募集したとき、数人、数十人、多ければ100人以上の就活生が応募するとします。

数多くいる応募者の中から、人事担当者は「他社とは違い、魅力を感じた人材」を選出するため、定型文の志望動機はふるいにかける可能性があるのです。

人事担当者がふるいにかけずに選出する人材に選ばれるためには、「他の応募者が書かないオリジナリティがある志望動機を書くこと」が大切でしょう。

企業をしっかり研究し、経営理念や未来のビジョンを理解していることがわかる内容だと、人事担当者の目に止まりやすくなります。

ただし、ここで注意したいのが、オリジナリティだからといって何を書いても良いわけではありません。

企業のことを理解できていない的外れな内容だと、お断りとなるでしょう。

 

企業研究をしたオリジナリティある志望動機の例

 

企業研究をしたオリジナリティある志望動機とはどのようなものか、参考例をあげてみます。

たとえば、定型文の「御社の理念に共感しました」にオリジナリティーを加えるなら、以下の通りです。

「御社の〇〇を大切にするという理念に共感しました。他社と比べて御社の△△の部分が優れていると感じ、〇〇を大切にしているから結果に表れていると思いました。」

上記の場合なら、企業が掲げる理念の中でどの部分に共感をし、その理念がどのように経営に活かされていると感じたのか明確にしています。

このような志望動機が、オリジナリティのあるものと言えるでしょう。

 

志望動機を作るたった3つのコツ

 

 

志望動機を作るための前提を長く解説しましたが、志望動機を難しく考える必要はありません。

たった3つだけのコツを抑えて、純粋に応募する会社に感じた気持ちを綴れば、選考で評価される志望動機になります。

 

志望動機を作る
  1. 企業研究をして魅力に感じた部分を書く。
  2. 自分の経験値が通じる部分を書く。
  3. 企業と自分の未来の話を書く。

 

以上を順番通りに書いてみてください。志望動機のベースが簡単にできます。

あとは日本語のおかしな部分や、文字数を整えればOK

では、3つのコツそれぞれが具体的にどのような内容になるか解説しましょう。

 

企業研究をして魅力に感じた部分

 

前述の通り、企業研究は働いたときの待遇ではなく、企業のトップが考えていることを研究します。

企業の経営理念や目指していることを理解して、共感をしたり魅力に感じたりした会社の中から、応募する会社を選ぶべきです。

そうなれば簡単。応募する会社の何に魅力に感じたのか、明確な答えがあるでしょう。

大きな枠組みで魅力を感じた部分も良いのですが、より細かい部分で魅力を感じたことを動機にできれば、人事担当者から企業研究ができているという高い評価が得られます。

ただ「魅力に感じた」という結果だけではなく、結果につながる要因を加えることがポイントです。

「〇〇という社長の考えが□□と思ったから、御社に魅力を感じた」

このように要因から結果がわかるように作りましょう。

 

自分の経験値が通じる部分

 

こちらも前述の「自己分析」からつながります。

自分が学習や経験から得たスキルが、企業にどのように活かせるのかを書き出します。

学校で学んだことだけではなく、課外活動、部活動、アルバイトの経験でも、活かせる部分があれば分野は問いません。

たとえば趣味でホームページを自作して運営しているなら、Webスキルがあると言えます。

自分に備わっているスキルで、選んだ企業のどの部分に活かせると感じたのかを書いてみましょう。

 

企業と自分の未来の話

 

就職活動では、どうしても「今」だけを考えてしまいがちではないでしょうか?

しかし企業にも、自分自身にも、何年何十年と未来があります。

働くことで、未来に向かってどのようなステップアップをしていくかを考えることも重要です。

未来を考える上で大切なのは、「キャリアプラン」です。

自分がどのような業種の仕事をして、1年後、3年後、5年後、10年後と、未来の自分がどのようなステップを歩むのかを計画しましょう。

そして、自分のキャリアプランと企業がどのように親和するのか考えて書いてみください。

志望動機の中で企業と自分の未来の話ができると、人事担当者は自然と「企業とともに成長をしてくれそう」と感じ取るでしょう。

 

志望動機は難しく考えずにコツを抑えて作ろう

 

 

応募する会社を選ぶ段階で、自己分析や企業研究をしっかり行ってから会社を選ぶと、志望動機を作ることは簡単です。

3つのコツに従って書き出していくだけなので、難しく考えずに素直な気持ちを志望動機に込めてみましょう。

それでも、感じている気持ちを言葉にすることが難しいと思う人もいるかもしれません。

日本語の使い方がおかしいことで、逆に評価が下がるかもしれないと不安になる人もいるでしょう。

しかし、そのような悩みで志望動機を書けずにいるより、あまり難しく考えずに拙い言葉で構わないので書き進めてください。

目の前の志望動機欄が白紙の状態より、文字化している気持ちを推敲していく方が、早く良い志望動機が完成します。

「志望動機がない!」と感じているなら、ぜひ今回紹介した方法を試してみましょう。