就活まとめ!就活サイト、転職サイトの評判、評価、体験談、口コミ

就職面接で泣いてしまったときの対処

2017/08/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

面接で泣き出してしまう学生さん、社会人の方がいます。感

極まって泣いてしまったり、圧迫面接で泣いてしまったりと理由は様々です。

新卒面接だけではなく、転職面接でも泣いてしまう方は多くいます。

 

今回は自分が泣いてしまったときの対処とや、集団面接で隣の学生が泣いてしまったときの対処について考えていきます。

 

また面接で泣いてしまう応募者の多くは面接試験ではなく性格診断試験で不合格になってしまう傾向が多いので、

その対処法も同時に考えていきましょう。


面接で泣いてしまう人に多い3つのパターン!

OZPA_oitawoshitesimattadansei_TP_V

泣く理由は様々ですが以下のことが考えられます。

  1. 就職活動に対する不安。
  2. 入社したいという強い思い。
  3. 面接官の圧迫。

普段には無い極度の緊張にみなさん涙を流してしまうようです。

 

もしも貴方が泣いてしまったら

LIG_kuyasikutenamidasuru_TP_V

面接官に一言『すみません泣いてしまいました』と伝えましょう。

どうしても涙が収まらない場合は『涙が収まるまで時間をください』と伝えてください。

また面接官から『すこし休みましょう』、『トイレにいってきてもいいですよ』などと言われればお言葉に甘えてください。

面接官も鬼ではありません。一言断りを入れて涙や感情が収まるまで猶予を与えてくれるはずです。

 

面接で一緒になった就活生や応募者が泣いてしまったら

PAK99_tousatugimikabedon20140301_TP_V

何もしないと言う選択肢もありますが、状況によっては『大丈夫ですか?』、『ハンカチどうぞ』など一声かけてあげてもいいと思います。

一番大切なのは、自分が泣いている就活生に動揺してしまい、悪い意味で影響を受けてしまうパターンです。

冷静になり、自分を上手くコントロールしてください。


面接で泣いてしまうと受かる?不合格になる?

面接で泣いたからといって不合格になることはありませんので安心してください。

面接で泣いて不合格になるのではと不安な応募者さんも多いと思いますが、そもそも不合格にするような応募者に対して、泣いてしまうような過度の圧力をかけることはありません。

圧迫的な面接を受けるということは合格するチャンスがあるということです。

 

あわせて読みたい▶︎何故圧迫的な面接をおこなうのか?

 

泣かないための努力

YUKI86_musimegane15141124_TP_V

涙は生理現象です。

ある調査では、10人に1人は面接で泣いた事があると回答しています。

面接官も泣いてしまう応募者さんには慣れています。泣いてしまっても冷静になり自分をPRする事が大切です。

 

 

面接で泣いてしまうと性格特性判断で不合格になってしまう事が多い

面接試験で泣いてしまった人は面接で不合格になると言うより性格診断試験で不合格になる事が多いようです。

性格診断テストには抜け穴があります。これから紹介する方法で危険信号が出た人は性格診断試験対策を行いましょう。

 

 

性格診断テスト対策の主な流れ!

  1. 性格診断。
  2. 診断結果を確認。
  3. 就職適性がないと診断された場合は、性格診断試験の正回答を学ぶ。

まずは性格診断の結果を知るために新卒向けの性格診断試験Future Finderとリクナビが提供しているリクナビNext性格診断テストなどを利用して性格診断試験を行ってください。

無料性格診断テスト

新卒向けFuture Finder
転職者向けリクナビNext

性格診断の結果を検証

性格診断試験Future FinderやリクナビNEXTの診断結果をみてください。

もし診断結果で芸術家や職人、作家、研究員などの回答が出てきた場合は注意が必要です。

 

もしも職人、作家、研究員、芸術家などと評価されてしまった人は不採用になる確率が高くなってしまいます。

性格適性検査には正解の回答があります。

性格適性検査の多くは内田クレペリン検査・YG・MMPIなどでできています。

性格適性検査試験で危ない結果が出た人は性格検査には「正答」があるなどを参考にして性格診断審査を乗り切りましょう。

 

エージェントの利用も視野に入れておく

最近では新卒採用、転職者採用でエージェントが多く利用されています。

エージェントが付いている就活、転職サービスの利点は応募者に変わってエージェントが利用者の長所などを企業に売り込んでくれたり。

書類の作成、面接練習をサポートしたり。

個人ではなかなか面接を行えないような企業に面接のアポイントを取ってくれるなど応募者にメリットがあるサポートを受けられることです。

また関係性が薄い人材の採用を嫌う企業も多いため、エージェントを通すことで利用者、採用側、双方にメリットがあります。

エージェントつきのサービス

新卒者マイナビ新卒紹介
転職者ジョブクル

 


場数ではどうしようもないと言う人は、面接開始時、面接官に『少し涙もろい性格ですがよろしくお願いします。』と伝えておいてもいいでしょう。

泣いてしまった場合、面接官も焦ることなく、対応を行ってくれるはずです。

面接で泣いてしまったからと言って、不採用になる事はありません。

泣いてしまっても落ち着いて、自分の誠意を面接官に見せてください。

また泣いてしまった人は性格診断試験対策を十分に行っておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 就活まとめ内定リンク , 2016 All Rights Reserved.