就活まとめ!就活サイト、転職サイトの評判、評価、体験談、口コミ

就活つらい…。普通の就活を脱却しよう!!

2018/06/26
 
就活つらい
この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

みなさんは就活に悩んでいませんか?就職活動とは学校の試験と違い、答えのないものに向かってみんな頑張っています。就活が上手くいかない人の思いは私もわかります。今回は何かしら就活がつらいと感じている学生に対して記事を掲載します。就活がつらい…。泣きたいときそんなときこの記事を読んでくれれば嬉しいです。

就活つらい…。就職活動は本当につらい

就活つらいでも自殺はやめよう

就職活動はつらいものです。就職活動を行って辛いと悩み落ち音でしまう人は多いようです。私もその一人でした。中には思い悩んで自殺を考えてしまう人が多いようです。そんな風に落ち込んだときはどのようにマインドをコントロースしたらいいのでしょうか。

 

2019年卒業予定の就活生から受けた相談:内定が出ずつらくて死にたい…。自殺したい…。

ある2019年卒業予定の学生から受けた相談

2019年卒業予定の就職活動生です。

内定が出ずに頭がおかしくなりそうです。一次面接で落とされることもありますが最終面接でも何度も何度も落とされて落ち込んでいます…。就職活動前にはまさか自分がここまで内定を貰えないとは思ってもみませんでした。死にたいです…。もう目の前が真っ暗で食事も喉を通りません。夜も不眠になり狂いそうです。もう家族にも会いたくないし今生きるのが辛いです。どうすればいいのでしょうか。

まずはじめに最終面接まで行けることはスゴイことです。最終面接というのは会社側の意向や運などの要素が大きく関わってきます。人事レベルや役員レベルの人が欲しいと思った人が受かるシステムになります。

詳しくは以前関連記事で紹介したメンタリストDaigoの動画を御覧ください。

現在は就職氷河期ではないと言われていますが、採用される側のハードルは高くなっています。

内定を取得することは確かに大切ですが、内定後就職した会社で満足できる仕事につけるのか自分の将来なりたい仕事につけるのかが重要です。

みなさんは株式会社showroomの前田祐二さんをしっていますか?

石原さとみさんとの恋愛報道で話題になったIT社長の前田氏ですが、子どもの頃に両親を亡くしそこから戦略的な路上ライブを行い生計を立てたり。大学の就職活動時には就活ノートいっぱいに自己分析をしDeNAや外資系証券会社から内定をもらっています。

前田氏は就職活動において自己分析が最重要だと著書”人生の勝算”でも語っています。

また前田氏は人生の勝算の中で、トップセールスマンがやっていて前田氏も実際にやっている人に気に入って貰えるテクニックを本のなかで公開しています。

就活生や新社会人にはオススメの本の1つです。

 

就活では嘘も必要な時がある…。

みなさんは就職活動で1つ内定を取れたひとが次々と内定を取っている理由をしっていますか?

また面接官は内定が0の学生と1つの学生では1つ内定をもっている学生を採用したがります。

内定が0の学生が内定を1つもっているというと嘘になってしまいますが、戦略的に就職活動を行いたい場合は1つ内定を取得したという事をPRする事をおすすめします。

確かに嘘はいけませんが合格率を1%でもあげたい場合は多少なりとも嘘が必要な時もありますので頭に入れておきましょう。

 

最終面接まで合格できた実績を利用して就職活動を有利にすすめる

過去の選考結果をそのまま次の面接で利用できるキミスカという就職活動サービスを利用した事はありますか?キミスカは過去の就職活動実績をそのまま次の選考で利用できる事ができます。ある会社で5次面接で就職試験に落ちた場合、似た業界のライバルの会社の試験を4次面接から受ける事が可能です。今現在、リクナビやマイナビしか利用していない学生はキミスカの利用も検討してみましょう。

 

就職活動はレールに上手く乗った人が勝つ世界

就職活動はレールに上手に乗ってきた人間が評価される世界です。例えば学歴が高ければ高いほど就職活動は有利になります。なかには学歴フィルターなどを設けて学生を精査しようとする企業も多いようです。そんなレールのなかレールに上手に乗れなくなかった学生が急に大手企業を受けてもなかなか大手企業に入社することができません。

しかし最近では、新卒の採用にも人工知能(AI)が導入されてきているので、少しずつですが学歴以外の面でも学生を評価しようという流れも出来てきていますが、人工知能(AI)を導入した採用スタイルは、まだまだメジャーだとはいえません。

ではレールに上手に乗ってこれなかった学生はどうすればいいのでしょうか。

 

一般的なナビサイトを利用しないスタイルを取ろう

一般的なナビサイトには未だに学歴フィルターなどが存在します。そこでこれまでの従来のサービス以外の人工知能(AI)を利用したナビサイトやスカウトに特化している就活サイトを利用するようにしてください。

AI(人工知能)に関連するナビサービスはGROW360などがオススメです。

GROW360は日系の大手企業で2017年度の就職活動から新しく導入されている人工知能(AI)です。

 

次にスカウト型のナビサイトを利用することをオススメします。スカウト型のナビサイトのいいところは、登録していればスカウトが勝手に届くため時間の短縮になるだけではありません。

スカウト型のナビサイトはいままでの選考結果を総合的に評価してくれます。例えばA社を受け最終面接まで進んだのにA社に落ちた場合、A社に近いB社が応募者をスカウトすることがあります。

なかでもキミスカなどは、過去の採用を吟味しスカウトを行ってくれるのでいままでの選考結果を無駄にせずスカウトしてくれるのでオススメです。

 

ニクリーチは、株式会社ビズリーチが運営する新卒に向けた就職活動生スカウトサイトです。学生は登録時にプロフィールを入力します。ニクリーチではそのプロフィールを元に学生にスカウトを行っています。ニクリーチには一般のナビサイトでは中々おめにかかれない有名ベンチャー企業から大手企業までさまざまな企業が利用しているのでリクナビやマイナビしか利用していないという学生さんにオススメのサービスです。

 

ビズリーチキャンパスは、OB&OG訪問専門サイトですがOB訪問、OG訪問がすでに就職採用試験になっています。ビズリーチキャンパスを運営しているのは株式会社ビズリーチです。有名企業や外資系企業など大手企業の利用がメインになっています。

大手企業や外資系に就職したいひとにはビズリーチキャンパスを利用することをオススメします。

 

ミーツカンパニーは全国で合同説明会型の就職活動イベントを行う就活サービスです。秋採用や冬採用にオススメできます。なぜ秋採用や冬採用にオススメなのかというと、ミーツカンパニーでは過去にサイバーエージェントなどが秋採用、冬採用でミーツカンパニーを利用したからです。もちろん春夏の採用でもミーツカンパニーはさまざまな企業が利用しています。まだミーツカンパニーを利用したことがない学生さんはチェックしておきましょう。

 

キャリセン就活エージェントは、新卒に向けたエージェントサービスです。就職活動に迷ったり疲れたりした学生さんにエージェントが寄り添って就職活動の改善点や書類のチェック、面接練習をおこなってくれます。希望者には希望者にぴったりな会社をしょうかいしてくれたりします。

 

プログラマカレッジは大手企業にエンジニアを多く輩出しているサービスです。エンジニアを数ヶ月育成した後、各企業にエンジニアとして就職試験を受けることができます。就職先には楽天やAmazonがあり合格率(就職率)は97%に登ります。エンジニアは年々、人手不足で100万人以上のエンジニア不足が問題視されています。理系文系に関係なく就職しやすい環境が整っているので、エンジニアに興味がある方は少しでもエンジニアを目指してみることをオススメします。

 

ネットビジョンアカデミーはネットワークエンジニアを育成しているサービスです。ネットワークエンジニアは資格手当が充実していたりフリーで働く人も多くなかには年収1000万円以上のフリーのネットワークエンジニアもいます。

就活がつらいと感じている学生でITに興味を持っている学生にはオススメのサービスです。

 

今回紹介したサービス以外にもさまざまなサービスがあります。さまざまなサービスを上手に利用しながらつらい就職活動を乗り切っていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

Copyright© 就活まとめ内定リンク , 2018 All Rights Reserved.