やばい…?トランプ当選!!アメリカ大統領選が及ぼす日本の就活への影響

日本はアメリカの大統領選でトランプ氏が当選すれば日本にはあまりいい影響はないという見方をしています。

またトランプ氏は、日本の“円安をいい”こととはみていないようです。

日本企業は輸出産業がおおいため、日本経済にとって円高はいい影響をおよぼしません。

Twitterでは就職活動への影響を心配するTweetが多々みられます。


就活とトランプ氏に関するTwitter

taxi


https://twitter.com/ika_mori22/status/796269910187909120
https://twitter.com/kaiware0707/status/796259285453848577


一部ではイギリスのEU離脱とあわせて2018年度の就職活動への影響が不安視されています。

1995年生まれの呪われ
誕生→阪神淡路大震災/オウムテロ
幼稚園卒園→9.11
小学校入学→ゆとり開始
中学入学→リーマンショック
中学卒業→3.11
高校卒業→ゆとり終了
大学入学→増税
来年就活→イギリスEU離脱/ドナルド・トランプアメリカ大統領爆誕(円高・株安)←NEW!

 


就活生のABCDショック

ry0i9a0137_tp_v

2018年度の卒業予定の学生の中で就活生のABCDショックという言葉が話題になっています。

A:アメリカでトランプが大統領になる。

B:Brexit(イギリスのEU離脱)

C:中国の景気減速

D:ドイツ銀行破綻危機

ACBDどれも世界恐慌の恐れがあると言われていますが

イギリスのポンド安の影響はまだ日本にほとんど影響はありません。

中国は中国国内は大きな打撃を受けていますが日本への影響は少ないようです。

ドイツ銀行も大きな円高には繋がっていません。

また忘れられていますがパナマ文章の問題など2018年の就職活動に影響しそうな問題が山済みです。

 

そんななか今回のアメリカのトランプ大統領誕生は、就活生にどのような影響を及ぼすのでしょうか?


なぜトランプが当選したのか?

00_pp53_pp_tp_v

トランプはアメリカファースト、白人ファーストの政策を行っています。

この姿勢が評価され今回の当選につながったのではないか?とみられています。

 

その証拠にトランプ氏は以下のような発言を行ってきました。

○トランプはアメリカの上位1%の富豪がアメリカを牛耳っていると発言。

○かつてのアメリカらしい生活を送れなくなったと発言。

○不法移民対策を行うと発言。

○グリーンカードやビザ取得の規制強化を行う意思をしめす。

○中国の知的財産権侵害や円安について批判。

○日本のせいで巨額の資産を失った。

○数百万台の車を売っている日本を守ることはできない。

○日本は核を保有するべき。(後日そんなことはいっていないと発言)

実際に図をみてわかるように白人が多い南部では、クリントン氏よりトランプ氏に票が集中しています。

 

%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e9%81%b8

トランプ氏は当選後

○アメリカンドリームを復活させる。

○どの国とも平等に接する。

と国際的な発言も口にしています。


アメリカ大統領選が日本企業や就職活動に及ぼす影響

green1_best20141123181357_tp_v

トランプ氏はTPPには否定的だがもし、TPPの法案が通れば輸入関税撤廃を求められる可能性はある。トランプ氏はアメリカのものを日本に売りつけようと必死になります。

TPPがとおれば日本のマーケットにアメリカのものが多く流通すれば、日本の農家に大きな影響がでることは間違えないでしょう。

ただトランプ氏はTPP参加には否定的なのでTPPが実行される可能性は低いものだと考えられます。

 

またトランプ氏は日本の円安傾向を歓迎していないため、円安をとめる対策がとられます。

もしも円高になってしまうと日本の輸出産業はじめ、さまざまな産業に大きなダメージを与えてしまうでしょう。

また一部専門家からは、トランプ氏が巻き起こす円高の流れで、米軍経費削減の流れはさらに激しくなり、日本の安全保障への懸念が売り材料になり円高後に急に円安になるのではないのかという意見もあります。

トランプ氏が大統領になると短期間で円安→円高と変化するので輸入輸出業へのダメージはまぬがれず、円高になれば日本経済が冷え込みそうですが、イギリスのEU離脱をみてわかるように、長期的な円高にはならないとも予想されます。

ただ何があるかわからないので、

2018年度の就活生はできるだけ早い行動を心がけましょう。

2017年度の就職活動についてはこちら

2018年度の就職活動についてはこちらを

2019年度の就職活動についてはこちらを

2020年度の就職活動についてはこちらを参考にしてください。

 

これから円安と円高が激しく揺れ動くので特に証券会社、自動車メーカー、輸入輸出業に就職を希望している学生は注意が必要です。

リーマンショック(2008年)、東日本大震災(2011年)ほど就職活動には大きな影響はないと考えられますのであまり悲観的にならないでください。しかし小さなことが重なり思わぬ事態を引き起こす可能性があるので、就職活動の準備は怠らずに行いましょう。


トランプ氏が大統領になると悪い事ばかりではない

トランプ氏が大統領になると何が大変なのか?なにがヤバイのか?

政権をスタートさせてない段階でこれらの議論はなかなかできません。

実際にトランプ氏はリーマンショックを乗り越えた不動産王でその実力は確かなものです。

トランプ氏最大の武器はブランド化とメディア戦略

トランプ氏はトランプホテルコレクションというブランドでさまざまな物件を所有しています。

メディア戦略とてもうまく、挑戦的で常に新しい風を巻き起こす人物だと知られています。

不動線経営だけではなく外食や航空会社も経営しています。

 

また暴言で有名なトランプ氏ですが以下のような発言も行っており強いリーダーを国内外にアピールしブランド化に成功しています。

“良い取引は自分が勝つ取引”

“経験と実績がない場合、エネルギーと情熱を売り込むべき。”

“どうせ考えなるなら大きく考えろ。どうせ生きるなら大きく生きろ。”

“いったん負けることによって、勝つための新たな戦術が見えてくることがある。”

“私に言わせれば、タフであるためには、たくましさと頭の良さと自信を兼ね備えている必要がある”

“心配するのは時間の無駄だ。心配は問題を解決しようとする私の邪魔になる。”


面接や就職試験でドナルド・トランプ氏について聞かれるかも…。

OZPA_kimisaiyou_TP_V

あなたはトランプ氏についてどのような意見を持っていますか?

アメリカ大統領のトランプ氏について知っている事をできるだけ記載しなさい。

面接や就職試験でこのような質問がされる可能性もありますのでしっかりと準備を行いましょう。

トランプ氏についてはこちらの本に色々な事が記載されていますので参考にしてください。