求人サイト新卒,既卒,第二新卒,転職サイトの評価・評判・口コミ・レビュー

【GROW360】ANA、三菱商事が採用!AI(人工知能アプリ)を利用した新たな採用ツール!GROW360の攻略法&対策法

2018/04/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんはGROW360(グロー360)という人工知能を利用した新たな採用システムを知っていますか?

現在、就職活動で人気の日本一流企業大手企業がGROW360(グロー360)を積極的に取り入れようとしています。

ANAや三菱商事でもGROW360(グロー360)よる採用が本格化するようです。

エントリーシートの選別だけではなくSPI、採用面接などさまざまな評価をGROW360(グロー360)は行います。

AIなどの人工知能が採用に利用される動きは年々増えてきて、人事採用に及ぼす影響もとても大きいでしょう。

開発企業Institution for a Global Society(IGS社)
公式名GROW360
利用企業ANA/三菱商事など
特徴AIによる採用テスト
形式アプリ
公式サイトGROW360

*記事を最後読んで特性を理解した上で、テストを開始することをオススメします。

*AI関連の就職や市場規模についてはプログラマカレッジの記事に掲載しているので参考にしてください。

GROW360(グロー360)とは?


GROW360(グロー360)ではSPIやエントリーシートでは発見できなかったあなたの適性、性格、評価を360度評価で発見していきます。

ステップは3つスマホだけで一時間かけて行います。

 

GROW360(グロー360)の特徴

  1. スマートフォンだけで行える。
  2. 3ステップでOK。
  3. 時間は1時間かかる。

ステップ1:IAT(潜在成各診断)Big5Factors


国際機関でも採用されているIATという手法を使い、応募者の性格や価値観を診断するテストを行います。

指の動きを分析することでAIはあなた自身の性格を判断します。

30分から1時間ほどかけてテストを行うので、初めてIATを行うひとはイライラしてしまうかもしれませんが、丁寧に素早く性格におこなっていきましょう。

iATの性格分析にはさまざまなものがありますが、今回のテストはBig5Factorsといわれる科学的に実証がすすんでいるテストになります。

GROW360(グロー360)の性格分析は、意識的な部分をなるべく無くし無意識的な部分を性格分析していきます。

神経質、外交的、開放的、合理的、意識の5つの項目で人物を分析します。

ステップ2:自己評価

あなた自身がそのような人材かを大きく4段階で自己評価します。

テスト時間は10分ほどです。

ステップ3:他者評価(友達評価)

あなたのことを他者から評価してもらいます。

評価する人は先輩、後輩、先生、友人どなたでも構いません。

あなたのことをよく知っているひとに評価してもらいましょう。

 

 

GROW360(グロー360)の注意

GROW360(グロー360)は、AIで不適切な回答や極端な回答を見抜きます。

 

フィードバック機能あり

GROW360(グロー360)は、その人の能力を評価しフィードバックを行います。

 

GROW360を利用している企業やシーン(インターンシップ)など

GROW360(グロー360)は、三菱商事やANAが2019年から導入しています。

インターンシップや採用試験などでこれから利用されることが期待されていますが、GROW360(グロー360)導入には100万円以上のコストがかかるので、中小企業への導入はまだ少し先になるかもしれません。

 

GROW360の利用の流れ

ログインから退会までの流れ

GORW360>>テスト(個人で何度テストしてもOK)>>企業に結果を提出>>退会

GORW360は、個人で行うことができます。

最近では企業の最終面接後、性格診断テストと同時にGORW360のフィードバック表を提出するように指示されることがあります。

就活まとめ内定リンクの管理人としては…。

何度も行えば成長するというコンピテーションの特性をいかし

GORW360>>テスト>>フィードバックを見返す>>フィードバック>>テスト

と何度も繰り返しフィードバックを行うことでより成績がいいシートを提出することをお勧めします。

 

GROW360(グロー)アプリの評価、評判/体験談/口コミ

 

AI(人工知能)は自己評価と他者評価でコンピテンシーを評価している

コンピテンシーとは→成功者の共通性

コンピテンシーとは、企業で成功しているひとの特徴を分析して導かれた共通性のことをさします。

コンピテンシーの研究が始まったのはアメリカで国務省や外交員の人材育成を行う部署です。

“アメリカの有名大学を卒業しても成功しない人材と成功する人材がいるのはなぜだろう”という疑問から研究がスタートしました。

 

研究をおこなっていくと学歴の重要性は相対的に低いという研究結果がだされました。

学籍より相対性が高かったのが人間関係(コミュニケーション能力)、クリティカルシンキング力(客観的な思考)だと判断されました。

 

その後もコンピテンシーの研究は続き、アメリカの多くの企業がコンピテンシーのデータにもとづいた採用を行ったり、企業ごとにコンピテンシーを変更し採用するスタイルをとっています。

またコンピテンシーは一定の教育環境で経験を積むことで教育できるとされているため多くの企業で人材採用、人材育成に利用されています。

 

GROW360(グロー360)は、東京大学の木村充先生と共同研究を行うことで認知、自己評価、他者、コミュニケーション能力の4つのカテゴリーから25のコンピテンシーを設定しました。

GROW360(グロー360)で用いられるコンピテンシーは個別企業で利用するためのコンピテンシーではなく、グローバル企業で活躍するためのコンピテンシーです。

グローバル企業で活躍するコンピテンシーは以下のようなものがあります。

 

グローバル企業の例

  1. 認知レベルのコンピテンシー→課題設定、創造性。
  2. 自己行動特性→個人的行動力、自己能力。
  3. 他人との関連性→外向性、共感、傾聴力。
  4. コミュニティー拡大→組織への働きかけ。

 

コンピテンシーの一覧

認知領域:課題設定、解決意向、論理的思考、疑う力、創造性
自己領域:個人的実行力、内的価値、ヴィジョン、自己効力、成長、興味、耐性、感情コントロール、決断力
他者領域:表現力、共感・傾聴力、外交性、柔軟性、寛容、影響力の行使、情熱・宣教力

コンピテンシーは計測し、自己理解し、経験を積み、また計測をすることを繰り返すことにより成長していきます。

なんども繰り返し、実践し測定を繰り返していきましょう。

GROW360(グロー360)の攻略方法/対策法

GROW360(グロー360)は、何度も診断を行いフィードバックされるデータをもとに改善し繰り返しテストを行えばだんだんと良い結果が生まれてきます。

なぜデータを分析し繰り返すと良い結果がうまれるかというと、

コンピテンシーは計測し、自己理解し、経験を積み、また計測をすることを繰り返すことにより成長していくからです。

GROW360は、2019年卒業予定の学生の採用から徐々に利用されています。

現在、就職活動前の大学生(1年生、2年生、3年生)はGROW360を積極的に繰り返し利用し、有利な状態で入社する会社に結果を提出できるように準備しておきましょう。

 

コンピテンシー関連でおすすめの本

人事の超プロが明かす評価基準 のポイント

  1. 多くの企業の人事が評価を決める時の教科書として利用している。
  2. 人事の考えが丸裸になる。
  3. 採用基準、評価基準が掲載されている。
  4. 新卒から部長クラスまで幅広く使える。
  5. 第4章では人事が人工知能(AI)を利用し知りたがっているコンピテンシーについてのポイントが掲載してある。

 

評価基準は社会人に向けて人事が評価しているポイントをまとめて掲載している本ですが、新卒採用などでも採用基準のコンピテンシーを評価対象(採用対象)にしている企業が多い為、十分に利用できます。

人事の超プロが明かす評価基準の第4章には新卒採用を行う人事が考える10のコンピテンシー(採用基準/評価基準)が掲載されています。

新卒のに必要なコンピテンシー

  1. 誠実な対応(長くつき合える人間か、育てるに値する人間か)
  2. ルール遵守(ビジネスパートナーとしての信用を得るための第一歩)
  3. マナー意識(いい人間関係を構築していく基礎があるか)
  4. チームワーク(チームで仕事をしていくための基本)
  5. 共感力(人の気持ちを察する力は、顧客ニーズを感じる力となる)
  6. 伝達力(「報・連・相」のすべてがプレゼン力の基礎になる)
  7. 継続力(プロジェクト成功のために必要不可欠な要素)
  8. 創造的態度・意欲(新しいことを受け入れて挑戦しているか)
  9. 情報収集(的確な判断をするには、情報を広く収集することが重要)
  10. 成長意欲・学習意欲(常に進化し続けられる人間か)

人工知能(AI)で人事が必要だと思っているコンピテンシー知り先回りして対策をとっていきましょう。

→評価基準

人工知能(AI)が人事採用で利用されるメリット

AIが人事採用で活用されると個性がなくなってしまうんじゃないかと心配する人もいるようですが、

筑波大学助教授の落合陽一氏はそうは考えていないようです。

 

これから人事採用でAIが活用されれば、自分にあった型で勝負できる人が増えて、活躍できる会社に就職できる可能性が高くなります。

そうなれば人事採用にAIが活かされていくはずです。上手にAIを利用しながら、自分にあった就職先を見つけていきましょう。



2020年卒ナビサイト

マイナビ2020(iPhoneアプリ)
マイナビ2020(Androidアプリ)
ビズリーチキャンパス(一部大学のみ対応のOB訪問サイトGoogleなどがイベント参加)-web登録がオススメ
*各ナビサイト(2020年卒対応就活ナビサイト)の詳しい解説、内定ポイントはこちらを参考にしてください。


2019年卒ナビサイト

ミーツカンパニー(全国で合同説明会イベントを開催!サイバーエージェントなどが参加)
ニクリーチ(大手転職サイトビズリーチが運営する就活サービス!ビズリーチは年収1000万円以上の求人が中心の転職サイト)
*各ナビサイト(2019年卒対応就活ナビサイト)の詳しい解説、内定ポイントはこちらを参考にしてください。


この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 就活まとめ内定リンク , 2018 All Rights Reserved.