就活まとめ!就活サイト、転職サイトの評判・評価、体験談、口コミ

【第二新卒】第二新卒者のマイナビ!マイナビジョブ20’s

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

まずはこちらをご覧ください

マイナビジョブ20’sは新卒情報サイトで有名な株式会社マイナビが運営している、20代の第二新卒、転職者にむけたエージェント(リクルーター)付きの求人サービスです。

マイナビは年齢や待遇、資格にあわせてさまざまなサービスを行っていて、マイナビジョブ20に似たサービスには、20代から30代に向けた転職サービスのマイナビエージェントなどがあげられます。

特徴エージェントつき転職/就職サービス
利用料金無料
運営会社株式会社マイナビ
対象地域全国
対象者第二新卒/転職希望者
既卒(職歴なし)OK
対象年齢24歳〜29歳
公式HPマイナビジョブ20`S

 

目次

なぜいまエージェントの転職サービスが人気なのか?

最近では、従来型の1人で就職活動を行うシンプルな就職活動、転職活動よりも就職のプロ、転職のプロであるリクルーターが活動のサポートを行う二人三脚型の活動スタイルが主流になりつつあります。

これまでの従来型就職活動よりもエージェント(リクルーター)が活動をサポートしたほうが企業や応募者にさまざまなメリットをもたらしてくれます。

リクルーターを利用する企業側のメリット

  • 応募者の人間性がわかる。(うすい人間関係を嫌う企業は多い。)
  • 突然の内定辞退の可能性が減る。(リクルーターを通すことで条件などよく話し合える)

リクルーターを利用する応募者側のメリット

  • 1人の就職、転職活動で孤独にならない。
  • 新卒の就職活動とは違い転職活動で必要な情報を知ることができる。
  • 応募者と企業間のミスマッチを防止できる。
  • 入社前に企業の人間関係や雰囲気を知ることができる。
  • リクルーター(エージェント)がお給料の交渉などを行ってくれる。
  • 書類や面接のサポートを行ってくれる。
  • 業界の情報や企業の内情を知ることができる。
  • リクルーター(エージェント)が入社日などを会社と交渉をしてくれる。

双方にこのようなメリットがあるため、リクルーター(エージェント)つきの転職サービスはとても人気のサービスになっています。

マイナビジョブズ20’s


マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's15

マイナビジョブ20’sとは、キャリアアドバイザー(エージェント)が、サポートを行い企業と応募者を繋ぐ人材紹介サービスで、応募者の希望に合わせてさまざまな企業の紹介をおこなうサービスです。履歴書、職歴書の添削や一般的には公開されないさまざまな企業情報を提供して、転職活動を総合的にサポートします。

マイナビジョブ20’sを利用するさまざまな理由

  • 現在の仕事が自分に適職かわからない。
  • 自分の転職活動の方法があっているのかわからない。
  • 仕事をつづけながら転職先をみつけたい。
  • 転職独特の面接対策を行いたい。
  • 未経験の業界にチャレンジしたい。
  • 転職にかんする情報量が多すぎて何から手をつければいいのかわからない。
  • 限られた20代、もっと活躍できる職場がみつかるはず。
  • 待遇や福利厚生がいい会社に勤めたい。

このような悩みを抱えて転職活動を行っている応募者が増えています。

20代の強みを最大限に引き出す就職/転職活動

20代の第二新卒や既卒に求められているものは面接です。学生時代の就職活動でとても苦労したという方も多いと思います。面接では書類ではわからないような人柄を人事につたえる最大のチャンスです。ただしやり方次第ではピンチにもなってしまいます。

しかしめんぜつという限られた時間の中で自分の人柄や長所をアピールするのは簡単なことではありません。もともと緊張してしまうひとや転職したいという気持ちだけが先走りし空回りしてしまうことも多いと思います。

面接を最大のチャンスに変えるにはプロの力が必要なこともあります。

マイナビジョブ20’sでは、就活時では熟知できなかったビジネスマナーや社会の常識、業界の知識など基礎的なことから、面接方法や会社の特徴、欲しい人材などさまざまなトータルサポートをおこなっています。

マイナビジョブ20’sとマイナビのサービスごとの違い

“マイナビジョブ20’s”を運営しているマイナビは、新卒向けの就職ナビサイト、マイナビの他にもマイナビ転職、マイナビウーマン、マイナビバイト、マイナビジョブ20’s、マイナビ看護師など様々な就職ナビサイト(求人サイト)を運営しています。

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違い

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの違いは、第二新卒や20代の求人に特化しているかどうかの点です。

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントは第二新卒や20代の求人を数多く取り揃えています。

ただマイナビジョブ20’sに求人を記載する企業の多くは、経験よりも若い力を欲している企業が多く採用や人材教育にも積極的です。

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントは両方併用しても構いません。転職活動に重要なのは質のいい情報です。

自分にあったサービスを見つけ出し、サービスを上手に使い分けていきましょう。

 

マイナビジョブ20’sとマイナビ転職の違い

img_guide01_02-1-1

マイナビジョブ20’sとマイナビ転職の違いはキャリアカウンセラーの存在です。

 

マイナビ転職の特徴

マイナビ転職の求人情報は、年齢に縛りがなく正社員経験のない人へ向けた求人から、実務経験者向けの案件まで幅広い案件が記載されています。

転職希望者、就職希望者はマイナビ転職から探し出した求人を元に自身でマイナビを使い直接企業に応募を行います。

 

マイナビジョブ20’sの特徴

マイナビジョブ20’sは年齢対象は20代を対象にしています。正社員経験のない人向けの求人から、実務経験者向けの案件まで幅広い案件が記載されています。

キャリアアドバイザーのキャリアカウンセリング後に求人の案内やキャリアサポートを行い、利用者とキャリアアドバイザーの二人三脚で就職活動、転職活動を行います

マイナビジョブ20’sの利用対象者

マイナビジョブ20’sは20代であれば誰でも利用可能です。

既卒(職歴なし)やフリーターでも利用できるサービスです。もちろん現在会社に在籍していて具体的な転職時期が決まっていなくても利用できます。

bnr_seminar_20160707

マイナビジョブズ20

マイナビジョブ20’sの利用料金

マイナビジョブ20’sの利用料金は、どれだけサービスを利用しても完全に無料です。

マイナビジョブ20’sは求人募集を行っている会社から受け取る記載料で運営しているため、利用者のサービス利用料金は一切発生しません

また以下のような決まりが厚生労働省で決められているため、利用料は完全無料になります。

 

職業安定法第32条の3第2項
有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。ただし、手数料を求職者から徴収することが当該求職者の利益のために必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、同項各号に掲げる場合に限り、手数料を徴収することができる。

マイナビジョブ20’s登録の流れ

お申し込み(ログイン)>>マイナビジョブ20’sのオフィスで個別カウンセリング>>求人紹介>>選考面接>>内定入社

マイナビジョブ20’sは完全サービス利用料無料サービスなので、登録からサービス利用まで全て無料で利用可能です。

登録(申し込み)方法

登録はこちらから行えます。

基本情報、学歴、希望情報の3種類11項目を入力します。

マイナビキャリア11

マイナビキャリア12

登録後の流れ

キャリアアドバイザーからメールや電話で連絡>>個別キャリアカウンセリング日程を決定>>個別キャリアカウンセリング&会社紹介(約1時間)>>求人に募集>>選考面接>>内定

キャリアアドバイザーからメールや電話で連絡内容

キャリアアドバイザーからメールや電話で連絡を行います。連絡内容は主に個別キャリアカウンセリングになります。

 

個別キャリアカウンセリング会場(マイナビジョブ20’sオフィス)/オフィスが近くにない場合は?

マイナビジョブ20’sのオフィスは東京、名古屋、大阪、京都になります。

〒163-1519
東京都新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー19F
TEL:03-5909-1672

〒450-6209
愛知県名古屋市中村区名駅
4-7-1
ミッドランド スクエア9F
TEL:052-582-1454

〒530-0011
大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪タワーA
30階
TEL:06-4802-1365

〒600-8008
京都府京都市下京区四条通り
烏丸東入長刀鉾町10
京都ダイヤビル 7F
TEL:075-212-8378

*マイナビジョブ20’sが近くにない場合は、電話でキャリアカウンセリングを行います。

 

個別キャリアカウンセリングのカウンセリング内容

キャリアアドバイザーは大手企業の人事部門経験者や、マイナビ転職の一線で活躍しているアドバイザーが主になります。

応募者の希望にあった企業の紹介を行います。希望職種はもちろんその他のオススメ業界なども紹介してくれます。

また自己分析や履歴書作成のアドバイスも受けることが可能です。

個別キャリアカウンセリングの時間は約1時間になります。

マイナビジョブ20’sの求人への募集とサポート

AL201_nomikai1220140830190036_TP_V

アドバイザーと話し合いながら応募する求人を決定していきます。応募したい求人がなければ、アドバイザーに希望する職種や待遇を伝えておくと後日、案件の紹介を受ける事が可能です

案件への応募の際には、キャリアアドバイザーから応募(書類選考)を通過するための様々なアドバイスを受けることが可能です。

キャリアアドバイザーと話し合いながら、エントリーシートを作成しますので、プロ目線で色々なアドバイスを受けることができます。

やる気、人柄、ポテンシャルなどが企業側にうまく伝わるように書類のを作成を行います。

 

応募後もキャリアアドバイザーがサポート

マイナビジョブ20’sでは、面接の日程調整なども全てキャリアアドバイザーが行います。

希望者には面接練習も行います。

面接練習は何回でも行えるので、是非利用しましょう。

 

内定/入社

内定後には入社後の条件や、入社日の指定もキャリアアドバイザーが利用者の代わりに行います。

20代独特の転職事情

20代の若手社会人はさまざまな悩みや理想をもっています。

自分に合った仕事を見つけ出し、恋人や友達にも恵まれ、結婚し家族を持ち恵まれた生活を送る。

しかし自分の理想とは反対に、新卒でなんとか入社した会社で社会の厳しさを知り。

友達や恋人と自分を比較してしまい、自分に自信が持てないなどこの先自分はどう人生を歩んでいけばいいのかわからなくなることもあると思います。

自分の理想と現実のギャップに押しつぶされそうになってしまいそうなことってありますよね。

20代の仕事の悩み

20代の悩みはむしろそういう時期。

悩んで当たり前の時期。

といえます。悩んで当たり前、将来が不安で当たり前なのです。特に生活のほとんどを使う仕事に関しては悩んで当たり前でしょう。社会人経験もすくなく1回の就職活動で天職などなかなかみつかるものではありません。

20代は以下のようなことで、仕事を悩んでいることが多いようです。

20代の仕事への悩み!!

  • 仕事が面白くない。
  • 就活時との会社のイメージが違った。
  • 土日に休みがなくプライベートな時間がない。
  • 専門性が身につかない。
  • 年収が低い。
  • 人間関係がうまくいかない。

みなさんはどうでしょうか?きっと似たようなことで悩んでいる20代も多いのではないでしょうか?

誰にでも悩みはあります。社会人経験の少ない20代ではなおさらです。

 

転職活動はとにかく自分の価値を高めていくことが重要です。

転職を行う上でいまの自分への課題、社会的な自分の市場価値、力を入れるべきポイントはあっているのかなど真剣にむきあい転職の成功の鍵をみつけだす事が重要です。

新卒採用と中途採用の違い

新卒採用と中途採用の違いは一貫してないように感じる応募者が多いと思いますが、これは大きな落とし穴で転職活動と新卒時の就職活動を同じと考え行動すると高確率で転職活動に失敗してしまいます。

転職活動と就職活動には社会人経験という徹底的な違いがあります。

転職活動を行う人は前提として社会人経験があります。そのため採用担当目線で、応募者をみるめも新卒採用時とは異なります。

新卒採用で重視されるのは、応募者が学生時代に培ってきた能力と会社への志望度、志望企業への適性などを評価します。では、中途採用で重要視される点はどのような点なのでしょうか?

中途採用を行う企業側のメリットのひとつに即戦力があげられます。ビジネスマナーも身につき研修も不要、前職の経験を活かせるため短期間で即戦力となります。

新卒の就職活動と異なり、職務経歴書の提出を求められるのも即戦力を見つけ出したい企業の思惑があります。

入社の熱意も重要ですが、即戦力になるかどうかを企業は重要度をおいています。

 

そのほかにも20代の転職では元の会社でどのような実績をあげたのかも重視される対象になります。

自分をPRするときには同時に実績のPRも行いましょう。

 

また新卒は自分で情報収集を行う必要があります。

新卒は、就職説明会などさまざまな就活企画、イベントがありますが転職活動はそうはいきません。基本的に情報収集は全て自分で行う必要があります。

新卒時の就職活動よりも積極性が重要視されます。

コンポレートサイトや企業パンフレットなど可能な限り自分で情報を収集するようにしましょう。

その他、転職と新卒就活の違いをいかにまとめてみました。

 

新卒の就活と転職活動の違い!!

  • 転職は孤独との戦い。
  • 転職活動は個人面接が基本。
  • 選考期間は1ヶ月と短期的。
  • 研修はあっても短期的。

 

既卒とは?

就職活動、転職活動のなかで“既卒”という言葉を多く聞きくと思います。マイナビジョブ20’sは既卒にも対応したマイナビのサービスなのですが、既卒とはいったい何でしょうか?

マイナビジョブ20’sによると、既卒を定義する正式な言葉はないようです。ただし一般的には大学院、大学、短大、専門学校、高校、中学などを卒業後、正社員として勤務した経験のない人材の事を指すようです。

既卒とは?

大学院、大学、短大、専門学校、高校、中学などを卒業後、正社員として勤務した経験のない人材

 

既卒と第二新卒の違い!!

また既卒とよく第二新卒と混合してしまう人が多いようですが第二新卒は、学校卒業後に1度は就職したが1〜3年以内に離職した(離職する予定)の求職者を指します。

第二新卒とは?

学校卒業後に1度は就職したが1〜3年以内に離職した(離職する予定)の求職者。

 

既卒とフリーターの違い

既卒とフリーターの違いは職務経歴が大きく関係します。卒業後に就職せずにアルバイトをおこなった場合、フリーターでもあり既卒としても扱われますが。

一度就職してしまうと既卒の定義と外れてしまい、フリーターというカテゴリーに分けられてしまいます。

既卒とフリーターの違い!!

卒業後に正社員として就職した経験がない場合、フリーターでもあり既卒でもある。

 

既卒でも新卒として新卒求人に応募可能か?

既卒は新卒採用枠でも就職が可能です。

厚生労働省の調査によると2015年の時点で70%の会社が既卒の新卒枠応募を可能だと答えています。

 

新卒採用枠に応募可能な卒業後経過期間

新卒応募後3年以内の場合、経過年数が長くとも応募可能とする企業が増えています。

 

新卒採用枠で既卒者が応募可能な企業の採用情報

既卒の応募を可としている企業のうち、採用までにいたった企業は2015年までに5割になります。

新卒枠での応募を行う企業は増えていますが、採用を行う割合は50%になります。

既卒の中途枠での応募

既卒の新卒枠での応募の他には、既卒の中途枠での応募があげられます。中途になると社会人経験が必要だと勘違いされてしまいますが、”未経験歓迎”や”経歴不問”といった求人も多く、既卒でも応募しやすい環境にあります。

しかし社会人経験がないにも関わらず、中途求人に応募する事を躊躇してしまう応募者も多い事でしょう。

そこで重要になるのがマイナビジョブ20’sのような転職、就職エージェント付きの就職サービスです。

このようなサービスを利用すれば応募者にあった求人情報をまとめて紹介を行います。

既卒は応募できる求人が多い分ライバルも多い

既卒は新卒求人でも中途求人でも応募が可能ですが、新卒枠の求人情報に応募すれば新卒がライバルとなり、中途求人に応募すれば第二新卒がライバルになってしまい社会人経験がない既卒は不利になってしまいます。

しかし、既卒を欲しがる教育体制を整えた企業も多々存在します。その会社を探し出す事が重要なのです。

既卒の就職はとにかくスピード勝負

以上のグラフをみてわかるように、卒業から時間が経てばたつほど新卒求人で既卒を受け入れる企業はだんだん減ってきてしまいます。また中途採用でも、社会人を経験しているライバルが増えてくるので中途採用のライバルも増えてしまいます。

企業は応募者が年齢を重ねれば重ねるほど即戦力であるかが採用の重要ポイントになります。

そのため既卒として就職活動を行っている場合はなるべく迅速な就職活動が重要になります。

 

転職活動の時期

転職活動を行う時期はどうしよう…。

退職後に転職活動を行うのか、在職中に転職活動を行うのか…。

ということを悩んでいる転職希望者も多いと思います。

どちらが正解、どちらが間違え。ということはありませんが、それぞれのメリット、デメリットを考えていく必要があります。

転職活動は現状を打破するために行うものなので、できるだけ妥協ぜずに自分の納得いく転職活動を行うべきです。転職活動はできるだけ力を発揮できる形で転職活動を行うものです。

退職後に転職活動を行うのか、在職中に転職活動を行うのかのメリット、デメリットを考えてみましょう。

 

在職中の転職活動

転職活動を行うときに職務在籍中に、働きながらそのまま転職活動を続けるパターンは非常に多くみられます。

仕事をしながら転職活動を行える最大のメリットは、生活面の安定です。

生活面の収入の安定が保証されているため、就職活動が長期化しても心配がありません。自分の納得いく転職活動先をゆっくりと考えることができます。また転職先の条件に納得いかない場合は、現職にとどまることができます。

 

一方で在職中に転職活動には転職に使える時間が限られるというデメリットがあげられます。

在籍中に転職活動を行う人がおおいため、平日の夜や土曜日に面接を行う企業が多く、柔軟に対応してくれます。しかし先行企業が増えてくると予定に折り合いがつかず調整が難しくなります。そんなときにはエージェントに伝え日程調整をある程度行えますが、場合によっては有休をつかうなどの対処を行う必要があります。

また職が保証されている安心感からなかなか転職に踏み出せないことなどもあります。

 

退職後の転職活動

退職後の転職活動のメリットとして時間に余裕があり転職活動を集中して行えるなどがあります。

しかし収入が安定せずに焦って就職活動を行ってしまうというデメリットがあります。また失業保険があったとしても失業保険の受給までには一定期間お金が振り込まれないことがあります。

また自分の都合で退職している場合は、受給は4ヶ月先になってしまいます。

退職後の転職活動は計画的に短期集中で行うことをおすすめします。

 

退職後に転職活動を行うのか、在職中に転職活動を行うのかは自分の性格と、貯金など総合的に判断しておこないましょう。


転職活動を行い、いまの状況から抜け出せば待遇や福利厚生がよくなったり。自分のスキルアップにつながるかのしれません。

逆に転職活動に失敗していまの会社にのこっても長いキャリアを考えたうえで正解なのかもしれません。

転職活動はとにかく行動しないと何もはじまりません。とにかくチャレンジし、自分の将来のため一歩でも前進しましょう。

◇マイナビジョブ20’s

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterはじめました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 就活まとめ内定リンク , 2018 All Rights Reserved.