おすすめ年収UPした転職サイト・転職エージェント

Fラン大学に通う学生が大手企業ついていけない理由は?自分に合う企業の探し方も解説

大手企業は有名大学に通う学生が狙うことが多く、Fラン大学に通う学生が就職すると仕事についていけないケースが少なくありません。そのため、Fラン大学から大手企業に就職した人の中には、短期間で他の企業に転職する人が一定数存在します。

この記事では、Fラン大学に通う学生が大手企業についていけないと言われる理由を中心に、レベルが高い大手企業の特徴などを紹介します。大手企業の仕事についていくコツも解説するため、Fラン大学から大手企業を目指す人は、ぜひ参考にしてください。

Fラン大学に通う学生が大手企業についていけないと言われる理由

Fラン大学に通う学生が大手企業についていけないと言われる理由は、有名大学に通う学生に比べて能力が低い傾向にあるためです。Fラン大学で成績がよかった学生であっても、有名大学に通う学生の学力には及びません。

また、周りに優秀な人が多いと仕事に対するモチベーションが下がる可能性が高く、大手企業の仕事についていけなくなるFラン大学出身の人が一定数存在します。

Fラン大学出身の人と有名大学出身の人で、能力の差が出るポイントは下記の通りです。

  • 学力
  • 仕事をこなすスピード
  • 会話の内容

有名大学の出身者は、元から勉強をする習慣が身についていている人が多く、仕事を要領よく覚える傾向です。Fラン大学出身者よりも、仕事をこなすスピードが早くなるため、職場から評価を受けやすくなります。

大手企業で働いている人は、有名大学を卒業した人がほとんどで、会話のレベルも高くなります。例えば、専門用語が多く使われたり、政治・経済に関わる内容が出てきたりするなど、一般的な教養だけでは会話についていけないことが少なくありません。

大手企業には優秀な人が集まるため、周囲のレベルについていけないFラン大学出身者が一定数存在します。ただし、大手企業とひと口に言っても、社風はさまざまであることから、Fラン大学から就職する人を手厚くフォローする体制を整えている企業も見られます。また、Fラン大学から大手企業を目指す人は、在学中にある程度の知識を身につけておくと、就職後に周囲についていくことができるでしょう。

Fラン大学に通う学生がついていけない可能性が高い大手企業の特徴

大手企業の中でも、業界・社風によって仕事のついていきやすさは分かれます。一般的にFラン大学に通う学生がついていきやすい大手企業には、「創業年数が長く新入社員を教育する体制が整っている」「有名大学出身者以外を多く採用している」などの特徴が見られます。

就職先を探す際は、すべての大手企業がFラン大学に通う学生が働きやすいよう配慮をするとは言い切れないため、注意が必要です。ここからは、Fラン大学に通う学生がついていけない可能性が高い大手企業の特徴を2つ紹介します。

変化が激しい

大手企業でも変化が激しい企業は、Fラン大学に通う学生をはじめ、有名大学に通う学生であってもついていくことが難しいと言えます。仕事を柔軟にこなすことが求められ、新卒者が即戦力で活躍しにくいでしょう。

変化が激しい企業は、急速に成長した大手ベンチャー企業・離職率が高い大手企業などに多く見られます。また、業界で絞るとIT業界は特に変化が激しく、例えば1年前まで当たり前だったマーケティング手法が翌年には通じないということが珍しくありません。覚える仕事が多くなるため、変化の激しい企業・業界はFラン大学に通う学生にはあまりおすすめできません。

ただし、変化の激しい企業で働くと、主体性を持って仕事に取り組む姿勢を学べたり、問題解決能力が上がったりするというメリットがあります。「変化の激しい企業=悪い」というわけではないため、メリット・デメリットを理解した上で、就職先の候補に上げるのかを判断することが大切です。

出世競争が激しい

出世競争が激しい企業は、Fラン大学に通う学生に適していません。能力が問われる場面が多く、有名大学に通う学生に見劣りするFラン大学に通う学生は、出世できず定年まで平社員として働く可能性が高くなるでしょう。また、出世競争の激しい企業では、出世の見込みがない人に対して早期退職を勧めるなど、定年まで働くことができないケースも少なくありません。

「出世できる見込みが低い」「安定して働き続けることが難しい」という2点から、Fラン大学に通う学生に出世競争の激しい企業を狙うことは控えたほうがよいでしょう。

出世競争が激しい業界は金融業界に多く、職種はメガバンク・証券会社などです。また、従業員が多い企業・従業員に対して役職が少ない企業なども、出世競争が激しくなるため注意が必要です。従業員・役職の数などは、組織図を公開している大手企業であれば、企業の公式サイトなどでチェックできます。

Fラン大学に通う学生が大手企業についていけなかった事例

Fラン大学に通っている学生が大手企業に就職して離職するのは、仕事についていけない以外に周囲と馴染めないことが挙げられます。

下記は、Fラン大学に通う学生が大手企業に就職してついていけなかった事例です。

Aさんは、第一志望に挙げていた大手商社のB社に就職できました。入社して数か月は、研修続きであったため、能力を問われる機会はありませんでした。しかし、研修終了後に配属先に就くと同期・先輩と能力の差が顕著に表れ、自身の力の無さに自信を無くしたそうです。また、職場には有名大学を卒業した人が多く、Fラン大学を卒業した人に対してマウントを取る人も一定数存在したと言います。「仕事についていけないこと」と「周囲と馴染むことができなかったこと」により、AさんはB社を早々に退職しました。

上記はあくまでも例え話ですが、Fラン大学から大手企業に就職する人の中には、退職はしていないものの周囲のレベルとの差に悩みを抱えている人もいます。また、20代前半のときはモチベーションで能力の差をカバーできていた人でも、30代に入ると出世できず大手企業から他の企業へ転職する人もいます。

Fラン大学から大手企業を目指すことは問題ありませんが、求められる仕事のレベルが高くなる点は理解しておきましょう。

Fラン大学に通う学生が大手企業についていくコツ

Fラン大学に通う学生が大手企業の仕事についていくには、在学中から準備したり就職後に良好な人間関係を築いたりすることが大切です。Fラン大学に通う学生であっても、他の部分でカバーをすれば大手企業に就職しても仕事についていけるでしょう。

ここからは、Fラン大学に通う学生が簡単に取り組める大手企業の仕事についていくコツを2つ紹介します。

業界の知識を深める

就職をする前までに、業界の知識を深めることが大切です。例えば、業界で使われる専門用語を理解したり業界の動向を調べたり将来的に必要となる資格を取得したりするなど、就職後にスムーズに仕事に取り組めるよう準備しましょう。

大学生の多くは、就活終了後に卒論や遊びが中心になる人がほとんどで、就職する業界の知識を深めることをしません。そのため、就職する業界の知識を深めておくと一歩リードした状態で就職できます。また、職場の先輩や上司から「やる気のある新人」だと思ってもらえる可能性が高く、信頼関係を短期間で築くことにもつながります。

職場内に味方を増やす

Fラン大学に通う学生で学力に自信がない人は、職場内に味方を増やすことがおすすめです。仕事は人と人が協力して取り組むため、個人の能力が低くても職場の先輩や上司と良好な関係を築くことができれば、仕事で困った際にサポートしてもらえる可能性が高くなります。

職場内に味方を増やしたい人は、下記のことを実践しましょう。

  • 「報告」「連絡」「相談」をしっかりとする
  • 自分からあいさつをする
  • 分からない部分は質問する

いずれの項目もコミュニケーションを取るきっかけになるため、職場の先輩や上司と接する機会を作ることができます。また、仕事の分からない部分を質問すると、必要な知識を身につけられることから、個人で問題解決できるようになるでしょう。

【Fラン大学に通う学生向け】ついていけない企業を判断する方法

Fラン大学に通う学生であっても、学力の高さ・仕事の向き不向きはさまざまです。そのため、人によってついていける企業とついていけない企業が大きく分かれます。Fラン大学から大手企業を目指す学生は、インターンに参加したり、就活サイトを利用したりすることが重要です。

ここからは、Fラン大学に通う学生がインターンに参加したり、就活サイトを利用したりすべきなのかについて紹介します。

インターンに参加する

インターンシップに参加すると、新卒採用者を募集したい企業で数週間ほど働けるため、自分に合った企業・業界なのかを知ることができます。また、社会人として働く雰囲気を理解したり、企業の内部事情を把握したりできるため、就活時に役立つ情報が得られるでしょう。

インターンは中小企業から大手企業まで、さまざまな規模の企業が実施します。Fラン大学から大手企業を目指す人は、大手企業はもちろん中小企業が行うインターンにも参加し、自分に合う企業を探すことが大切です。

インターン先を探す際は、求人サイトを利用します。インターン求人サイトの一つである「ユアターン」は、短期インターンだけでなく長期インターン求人も数多く掲載しています。大学生に人気のある業界の求人も豊富に取り扱っているので、自分に合う企業・業界を見つけたい人は、ユアターンからインターン求人に応募してみましょう。

就活サイトを利用する

企業の情報を効率よく集めるには、就活サイトの利用がおすすめです。就活サイトと一口に言っても、「エージェント型」「スカウト型」「ナビ型」の3種類があり、それぞれで特徴は異なります。下記は、各就活サイトの特徴をまとめた表です。

就活サイトの種類特徴
エージェント型就活生一人ひとりに専任のアドバイザーが就き、企業探しから入社までを行う転職サイト。
スカウト型企業から就活生にアプローチをするタイプの就活サイト。自身で企業に応募することはなく、登録するだけで企業とマッチングする可能性がある。
ナビ型就活や記号に関する情報を公開しているタイプの就活サイト。エージェント型とは異なり、個人で企業探しなどをする必要がある。

就活サイトを利用する際は、ナビ型で情報を集めながらエージェント型・スカウト型などで就職先を探すことがおすすめです。

就活サイトは2022年1月時点で20サイト以上あるため、就活生がすべてのサイトを比較することは困難でしょう。当メディアでは就活サイトの中で、サービスの質が高い就活サイト・掲載している企業数が多い就活サイトをまとめた記事を掲載しています。おすすめの就活サイトを知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

まとめ

Fラン大学から大手企業を狙うことは問題ないものの、何も準備をせず就職すると仕事についていけない恐れがあります。Fラン大学に通う学生が大手企業についていけないのは、有名大学に通う学生と比べて学力などが劣るためです。特に、変化や出世競争が激しい企業・業界は、仕事についていけない可能性が高く、大手企業であってもFラン大学に通う学生にはおすすめできません。

Fラン大学から大手企業を目指す人は、業界の知識を深めたり、就職後に職場内で味方を増やしたりしましょう。また、就活が始まる前にインターンに参加して企業情報を集めることはもちろん、就活解禁後は複数の就活サイトを利用して就活に取り組みましょう。