おすすめ転職サイト・転職エージェント

【就活術】ヤりたいことが見つからない人の就職戦術

ヤりたいことが見つからない

ヤりたいことが見つからない(やりたいことがない)人の就職活動術を知っていますか?

あなたは今、就職活動の前であったり、就職活動の真っ最中かもしれない。でも就職活動でヤりたいことが見つからないと悩んでいる…。そう悩んでいると思います。いま今回はそんないま”ヤりたいことが見つからない”と悩んでいる学生に向けてそうすればヤりたいことが見つかるのか?またヤりたいことが見つからない場合はどうすればいいのかの就職活動術を公開していきたいと思います。

わたしがこの記事を読んで欲しい人…。

  • ヤりたいことが見つからない(やりたいことがない)と悩んでいる人。
  • ヤりたいことを見つけたい人。
  • ヤりたいことが見つかったけど悩んでいる人。
  • ヤりたいことが見つからない(やりたいことがない)のでヤりたいことを探すことを諦めた人。

 

ヤりたいことが見つからない(やりたいことがない)

あなたは”ヤりたいことが見つからない(やりたいことがない)”と悩んだことはありませんか?就職活動を始めた当初、わたしはずっとヤりたいことが見つからず悩んでいました。これまで小中高と敷かれたレールの上を歩き、大学では取り合えず何も考えないで無難そうな学部に入り就職活動時には何をどうすればいいのかを迷っている人も多いようです。そんな就活生の気持ちはわたしもわかります。それに就職活動が長引けば長引くほどヤりたいことが見えなくなります。結局自分はなにをすればいいのか、何が正解なのわからなくなります。

 

社会人(大人)はみんなヤりたいことを見つけてヤっているのか?

社会人の人たちや面接官がヤりたいことを見つけてヤッているのかと聞かれたら答えば『NO』だ。

世間にはヤりたくなくてもいまの仕事をヤっている大人はたくさんいる。それがいいことなのか悪いことなのかは其々の価値観なのでわからないが世の中にはヤりたいことが見つからずに就職した大人たちが沢山いる事を理解しておこう。

 

ヤりたいことは後ずけでも構わない!!

ヤりたい事はみつからなくてもやっていくうちに分かってくる事もある。

例えば、わたしの友達の医者息子は親が医者という事でとりあえずお医者さんを目指した。友達が医者を目指した当時、なんで医者を目指しているのかと質問した事がある。そんな時友達は笑いながら

『親が医者だからとりあえず医者を目指す』

『とにかくお金が欲しい世の中は”お金だ”』

と答えていた。

 

そんな友達が、数年後お医者さんになって大学病院で活躍していた。そんな友達に医者になって楽しいかと聞くと『当時は親が医者だから、お金が欲しいから医者を目指したけど今は、外科手術を成功させて患者さんが元気に退院していく姿を見るのが本当に嬉しい』と答えていた。

そうヤりたい事を無理に見つけることはない、とりあえずなにかを始めて後からヤりたい事を見つけてもいいのだ。

とにかく人はヤりたい事が必ずしも全員あるわけではなく後々やりたい事がでてくるひともいるという事を頭に入れておこう。

 

現在ヤりたい事が見つからないひとは自己分析をやりなおしたり、OB訪問、OG訪問を行って積極的に自分のヤりたい事をつきつめていこう。

 

ヤりたいことがあるけど一歩踏み出せないひと

自己分析、OB訪問&OG訪問をやってみたけどヤりたいことがみつかったけど躊躇してしまうひとはその職業や業界の事を理解するために企業分析や業界分析をしっかり行っておこう。

企業分析や業界分析をしっかり行えばその業界の市場や将来性が見えてくる。

将来性や市場に納得すればその職に飛び込んでみてもいいし納得でにない場合はまだ踏み出さなくてもいいだろう。

 

ヤりたいことがみつからずヤりたいことを探すのを諦めたひと

ヤりたいことを探すのを諦めたひとは“お金”で就職先を選ぼう。外資系企業でも日系企業でもなんでもいい、とにかく給料や年収重視で就職活動を行えば社会人になった時に人よりいい生活がおくれる可能性が高くなる。

“お金のために仕事を頑張る”これを重視すれば、もし将来的に働けなくなった場合でも貯蓄さえ行っておけば自分に余裕が生まれて新たなアクションが起こせるのだ。

なかにはお金がなくても十分いいという人もいるが、お金がなくてもいいという人は本当の貧乏を味わったことのない人だろう。

お金がないと人はプライドや自信がなくなってしまう。

自信がないとその後の転職活動でもあまりいい実績がでなくなってしまいます。著名人の言葉で”お金は信用の値だ”という言葉がある。

お金は頑張ってくれた人に対して”ありがとう”という気持ちで支払うものだ。

仕事を怠ける人など、一時的にはよくても長い間、お金を稼ぐことができなくなる。

 

また自分に家族ができたときなどには“お金はな、お金より大切なものを守るためにあるんだよ”っという言葉の意味がわかってくるのだと思う。

 

では各企業の年収を知りたい場合、どうすればいいかというと就職四季報を参考にしてほしい。

就職四季報には各企業の年収や採用実績、出身学校などこと細かく掲載されている。

就職活動を戦略的に進めていくには就職四季報が重要だ。

 

人生の師匠を見つけることも重要

親を小学生で亡くし、大学卒業後に外資系企業に入りその後、株式会社showroomを起業し石原さとみと熱愛報道で話題になった前田裕二社長は

外資系企業へ在籍中に将来自分がなりたいと思える人を見つけている。(詳しくは人生の勝算を読んでほしい。)

 

つまり将来的に自分がなりたいと思える人を見つけることが重要なのだ!!

就活生が将来なりたい人というのは社会人であり、先輩だろうと思う。社会人や学校の先輩、憧れの社長など自分がなりたいと思う人をみつけるといい。