【20年卒】ThinkSelection50(シンクセレクション50)を体験してきた感想と評判【参加企業・最新の日程】

ThinkSelection50(シンクセレクション50

まずは此方をご覧ください。

ThinkSelection50(シンクセレクション50)は、キャリセン就活エージェントを運営しているキャリセンが主催している早期内定イベントです。ThinkSelection50(シンクセレクション50)の対象者は大学3年生です。大学3年生をターゲットにした早期内定イベントは年々、増えてきていますがThinkSelection50(シンクセレクション50)を主催するキャリセンはYahooJapanやSoftBankへも内定者を出しています。今回は、ThinkSelection50(シンクセレクション50)がどのようなサービスなのか、ThinkSelection50(シンクセレクション50)にはどのような企業が参加するかなどを紹介していきたいと思います。

この記事は以下の疑問をもった人に向けた記事です。

  • ThinkSelection50(シンクセレクション50)がどんなイベントか知りたい。
  • 対象者を知りたい。
  • 当日の流れを知りたい。
  • イベントに参加する企業と日程を知りたい。
  • 当日の持ち物や服装を知りたい。
  • 評判や口コミを知りたい。

 

サービス名ThinkSelection50(シンクセレクション50)
運営会社株式会社シンクトワンス
特徴早期内定に特化したイベント
対象者2020年度卒業予定の大学生/大学院生
会場東京
利用料金完全無料
服装自由
持ち物ペン・証明写真(3×4)
公式サイトThinkSelection50(シンクセレクション50)

 

体験談‼︎ThinkSelection50(シンクセレクション50)評判と参加企業

ThinkSelection50(シンクセレクション50)とは

▶︎参加申し込み

ThinkSelection50(シンクセレクション50)とは、キャリセン就活エージェントなどを運営するキャリセンが運営している早期内定イベントです。

ThinkSelection50(シンクセレクション50)は、東京赤坂にあるキャリセンのオフィスビルで毎回30名の学生限定に開催されます。企業は会社説明会・会社PRタイム後にマッチングを行い学生と交流。企業と学生のマッチングが成立すればグループ面談を行います。グループ面談は1回のThinkSelection50(シンクセレクション50)で最大10回まで可能です。

今企業は早期就活学生を取り込もうと必死

早期に就職活動を開始する学生は優秀な学生が比較的多いので企業(人事担当)から人気なんだよ。

だから必然的に内定も取れやすいよ。

 

早期に就職活動を始める学生は、人事担当者から人気なため内定しやすいという特徴があります。実際に様々なサイトが早期内定イベントを開催して早期に動き出す学生の取り込みに必死です上手に利用しましょう。

2020年卒おすすめサイトとイベント告知

2020年卒ナビサイト

ミーツカンパニー(札幌、仙台、大阪、名古屋、大阪、広島、福岡で開催される就活説明会。サイバーエージェントなどに内定実績あり。)
キャリアチケット(グループワーク×スカウトイベント)
futurefinder(ソニーの元人事部長が開発に携わった自己診断ツール)
キミスカ(プロフィールや他社の選考結果を評価しスカウトが届く)
ビズリーチキャンパス(高学歴限定OB訪問サイト)
ニクリーチ(高学歴限定企業との食事会サービス)
シンクセッション(東京の自己分析×スカウトイベント!SoftBankやYahoo!Japanに内定実績あり。)

 

運営の株式会社シンクトワンスとは?

運営の株式会社シンクトワンスとは?

ThinkSelection50(シンクセレクション50)を運営している株式会社シンクトワンスは、これまで新卒専門のエージェントサービス『キャリセン就活エージェント』などを運営し、エージェント業務で新卒学生の就職を次々と成功させている今話題の会社です。そんなキャリセン就活エージェントを運営する株式会社シンクトワンスは、主に大学3年生へむけた早期内定イベントとしてThinkSelection50(シンクセレクション50)をスタートさせています。

これまでの主な内定実績と企業

 

 ThinkSelection50(キャリセン)紹介企業

  • YahooJapan
  • SoftBank
  • Recruit(リクルート)
  • リクルート住まいカンパニー
  • NTT経営研究所
  • 東急リゾート
  • OlympusTerumoMaterial(オリンパステルモマテリアル)
  • 特種東海製紙株式会社
  • MITA (ミタスニーカーズ)
  • TANSEI MALL MANAGEMENT
  • 共栄製鉄株式会社
  • ゼゾン保険サービス
  • ADWAYS
  • APPIRTTS
  • 医療介護情報サービス(Caree Brain)
  • 株式会社キャリアデザインセンター
  • iPROS
  • MEITEC(メイティクグループ)
  • FUJI XEROX
  • 伊藤忠食品(ISC)
  • ポケカル倶楽部
  • ITOHPI HOMS
  • SUMIFRU
  • 新東京フード
  • 小学館集英社プロダクション
  • transCOSMOS
  • UACJ
  • USEN
  • ZEN HOLDINGS

年間5万人以上の就活生が利用している

キャリセンは年間約5万人から利用される就職活動サービスです。リクナビやマイナビがここ数年、新卒エージェントサービスの力を入れている中、シンクトワンスは約10年間、就活生に向けてエージェントを行っています。

提携企業

提携企業

  • 楽天株式会社(みんなの就活事業)
  • 株式会社アスリートプライニング
  • 株式会社アイデム
  • 株式会社東京海上日動キャリアサービス
  • 株式会社キャリアマート
  • 株式会社なもなもキャリアサービス
  • 株式会社ダイヤモンドビック&リード
  • 株式会社アスセスヒューマネクスト
  • スローガン株式会社
  • 株式会社ネオ倶楽部(就職エージェント九州)
  • 株式会社kosaido
  • インターンシップ研究所(ジョイブ株式会社)
  • 株式会社新卒採用
  • 太陽企画株式会社

 

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の参加企業

ThinkSelection50(シンクセレクション50)参加企業例

大手音楽配信会社の総合職/上場企業の経営企画職/200万ユーザーのプラットフォーム運営会社の営業職/東証一部上場通信会社の総合職/味の素グループの研究職/化粧品会社のマーケティング職/業界最大級の転職サイトを運営するHR会社の編集職/冷凍食品のパイオニア企業の総合職/NTTグループのマーケティング職/駐車場業界リーディングカンパニーの総合職/IT×スポーツビジネスの総合職

 

 

過去参加者内定先

 

ヤフー/サントリー/博報堂/アクセンチュア/LITALICO/リクルートキャリア/読売広告社/日本IBM/楽天/ソフトバンク/武田薬品工業/NTTデータ/日本オラクル/KDDI/マネーフォワード/東急エージェンシー/KIRIN/日本生命/キーエンス

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の参加企業は日程によって異なるため、クローズドになりますが今回紹介したような企業が続々参加しています。

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の特徴

ThinkSelection50(シンクセレクション50)特徴その1

ThinkSelection50(シンクセレクション50)1

ThinkSelection50(シンクセレクション50)特徴その2

ThinkSelection50(シンクセレクション50)特徴その2

 

ThinkSelection50(シンクセレクション50)特徴その3

▶︎公式サイトを確認

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の1日の流れと3つのイベント

少人数会社説明会

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の流れ1

少人数制の企業説明会が行われます。企業は1社につに20分の持ち時間をつかって学生に説明会を行っていきます。人事担当者にも学生1人1人の顔が見えるので、学生の印象は残りやすいです。会社に対して質疑応答も可能なので、就活ノートなどを所持して質問の準備をすることをおすすめします。

企業と学生のマッチングタイム

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の流れ2

マッチングタイムでは企業の人事と学生がお互いに気になる企業と気になる学生を選択していきます。マッチングタイムで、マッチングが成立すればグループ面談を行います。

グループ面談

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の流れ3

グループ面談ではマッチングタイムでマッチングが成立した学生と会社が面談を行います。実際に面談を行ってお互いに気になる企業、気になる学生だということが確認できれば(後日)選考を行い学生が最終面接までの選考をクリアすれば内定という流れになります。

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の内定までの流れ

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の申し込みの流れ

▶︎参加申し込み

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の最新日程確認方法

ThinkSelection50(シンクセレクション50)』では以下の方法で最新のイベント開催日程を確認できます

  1. 公式ページ(応募フォーム)』にアクセス。
  2. 卒業年度を選択。
  3. 応募フォームのガイダンス予約希望日を選択。
  4. 最新の日程を選択。

 

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の最新日程確認方法

▶︎日程確認

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の参加感想と評判

ThinkSelection50(シンクセレクション50)の参加感想と評判

ThinkSelection50(シンクセレクション50)は早期内定を目指す学生のための就活イベントで学生の採用にとても積極的な企業が多いイメージを受けました。人事担当も真剣に学生に向けて会社をPRしていました。私の参加した日のThinkSelection50(シンクセレクション50)は比較的、IT企業が多いイメージでした。大企業や大企業のグループ会社の参加もちらほら垣間見れました。ThinkSelection50(シンクセレクション50)に参加した理由はOGの先輩からの勧めがあったからです。先輩はThinkSelection50(シンクセレクション50)で巡り合った企業に入社してキャリアアップのために転職、現在では大手通販会社のマーケティング部門で働いています。実際に私もThinkSelection50(シンクセレクション50)参加してみておもったのは面白い企業が多いということです。またマッチングなどがあるため自分がどの業界から求められる人材なのか知れるという点で大変価値があるイベントだと思いました。服装は私服で可能なのですがスーツでの参加をおすすめします。実際に参加した学生のほとんどがスーツ姿でした。デメリットは1点だけ参加企業がクロースドだということです。ただ参加企業もいい企業が多くさすが新卒エージェントを行う会社が主催する早期内定イベントだなと思いました。個人的に就活ノートに『業界地図』をまとめたモノを持っていくことをおすすめします。

個人的に持って行って役だったモノ

服装はスーツがおすすめで就活ノートに業界地図をまとめたモノを持っていくと大活躍したよ。

(あれば名刺とか持って行っておけばよかったなと思いました。)

ThinkSelection50(シンクセレクション50)によくある質問

ThinkSelection50(シンクセレクション50)によくある質問

参加料金について

参加料金はかかりますか?

学生の参加料金は完全に無料です。

 

参加企業について

参加企業をおしえてください。

以下のような企業が参加しています。

ThinkSelection50(シンクセレクション50)参加企業例

大手音楽配信会社の総合職/上場企業の経営企画職/200万ユーザーのプラットフォーム運営会社の営業職/東証一部上場通信会社の総合職/味の素グループの研究職/化粧品会社のマーケティング職/業界最大級の転職サイトを運営するHR会社の編集職/冷凍食品のパイオニア企業の総合職/NTTグループのマーケティング職/駐車場業界リーディングカンパニーの総合職/IT×スポーツビジネスの総合職

過去参加者内定先

 

ヤフー/サントリー/博報堂/アクセンチュア/LITALICO/リクルートキャリア/読売広告社/日本IBM/楽天/ソフトバンク/武田薬品工業/NTTデータ/日本オラクル/KDDI/マネーフォワード/東急エージェンシー/KIRIN/日本生命/キーエンス

複数回の参加について

何度も参加しても大丈夫ですか?

何度参加しても大丈夫です5回以上参加する学生さんも沢山います。

 

内定者の参加について

内定者が参加しても大丈夫ですか?

内定者の参加も大歓迎です。

 

イベント参加以外の企業について

イベント参加企業以外に紹介してもらえますか?

イベント参加以外の企業でも紹介可能です。相談してください。

運営会社は、エージェントサービスのキャリセン就活エージェントも手がけているのでさまざまな企業を紹介してもらえます。

 

持ち物や服装について

イベントへの持ち物や服装を教えてください。

証明写真(1枚)・私服で参加okです。

持ち物は証明写真を1枚、服装は私服でもいいのですができればリクルートスーツを着用したほうがいいでしょう。(参加してみた私の感想です。)

 

内定までの期間について

内定までの最短期間をおしえて?

内定まで最短で2週間かかります。

内定まで最低2週間かかりますが企業によってはもっと時間がかかります。企業も学生の採用に真剣なので時間は焦りすぎないほうがいいでしょう。


ThinkSelection50(シンクセレクション50)は早期内定を目指す学生のための就活イベントです。企業も学生の採用に前向きで真剣です。是非内定を取りたい学生はThinkSelection50(シンクセレクション50)に参加してみてください。

▶︎ThinkSelection50(シンクセレクション50)


2020年卒おすすめサイトとイベント告知

2020年卒ナビサイト

ミーツカンパニー(札幌、仙台、大阪、名古屋、大阪、広島、福岡で開催される就活説明会。サイバーエージェントなどに内定実績あり。)
キャリアチケット(グループワーク×スカウトイベント)
futurefinder(ソニーの元人事部長が開発に携わった自己診断ツール)
キミスカ(プロフィールや他社の選考結果を評価しスカウトが届く)
ビズリーチキャンパス(高学歴限定OB訪問サイト)
ニクリーチ(高学歴限定企業との食事会サービス)
シンクセッション(東京の自己分析×スカウトイベント!SoftBankやYahoo!Japanに内定実績あり。)


2019年卒おすすめサイトとイベント告知

2019年卒ナビサイト

ミーツカンパニー(札幌、仙台、大阪、名古屋、大阪、広島、福岡で開催される就活説明会。サイバーエージェントが秋採用に利用。)
【スカウト】キミスカ(新卒ヘットハンティングサービス!)
キャリセン就活エージェント(新卒エージェントサービス!利用学生1人平均5.6社から内定)
就活ドラフト(新卒エージェントサービス)