おすすめ年収UPした転職サイト・転職エージェント

面接練習が怖いと感じる理由は?1人でできる練習・克服法も徹底解説

就活ではほとんどの企業で、面接が実施されます。しかし、面接練習が大切とわかっている人の中には、「面接練習の時点で怖い」と怖気づいている人もいるのではないでしょうか。

面接は日本人が苦手とする、自己アピールをする場であるため、苦手意識をもつ人も少なくありません。

この記事では、面接練習が怖いと思う理由・練習の時点で面接が怖い人でも内定がもらえるのかについて紹介します。また、1人でできる面接練習方法・「面接が怖い」と感じる気持ちを克服する方法についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

面接練習が怖いと思う理由

本番の面接ではなく、面接練習の時点で怖いと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。面接練習が怖いと思う理由は、人によってさまざまです。

面接練習が怖いと思う主な理由は、下記の5つです。

  • 自信が足りないため
  • 失敗することが怖いため
  • 人と話すことが苦手ため
  • 人からどう思われているか気になるため
  • 先生の評価が厳しいため

ここから、面接練習が怖いと思う理由について深く解説します。

自信が足りないため

自信が足りない場合は、面接練習が怖く感じる傾向です。自信が足りないよくあるケースとして、面接練習の回数が少ないことが挙げられます。面接は場数を踏むことで自信がつくため、面接練習の回数をこなすことにより、面接練習が怖いという気持ちを克服できるでしょう。

また、面接に自信が足りない人の中には、自己分析が乏しい、自己PRに際立つエピソードがないなど、自分の話す内容に自信がないケースもあります。面接で話す内容を充実させるためには、過去を振り返るだけでなく、家族・友人によいところを挙げてもらうことが大切です。

失敗することが怖いため

失敗することが怖いことにより、面接練習も怖く感じている場合があります。面接練習の失敗例でいうと、準備した回答通り答えられないことや、入退室・面接のマナーを違反するなどがあります。

失敗することが怖く面接練習を怖く感じている人の多くは、「面接は何もかも完璧でなければならない」と考えている場合が多い傾向です。そもそも、面接練習を行う理由は、本番の面接で失敗せず企業に熱意を伝えるためです。

面接練習のうちにさまざまな失敗を経験しておかなければ、面接で失敗する原因について理解できません。また、失敗することが怖いという理由で面接練習をせず本番に臨むと、いつもと違う環境によって失敗することがさらに怖く感じるでしょう。

人と話すことが苦手なため

人と話すことが苦手な人も、面接練習が怖いと感じる傾向にあります。話すことが苦手な人は、「なぜ自分が人と話すことが苦手なのか」について理解することが大切です。

たとえば、自己主張が苦手なのか・過去に何らかのトラウマがあったのかなど、人と話すことが苦手な理由は人によってさまざまです。

人と話すことが苦手な状態で面接練習に取り組むと、質問に対してうまく回答できない恐れがあります。そのため、まずは人と話すことに対する苦手意識を払拭することが大切です。

はじめは、話しやすい友人とコミュニケーションを取り話すことに慣れ、そこから面接練習に取り組む手順が有用といえます。

人からどう思われているか気になるため

面接を受けるにあたって、人からどう思われているかを意識することは大切ですが、過度に人からの評価を意識する場合は、面接練習が怖く感じやすい傾向です。

たとえば、「これを話すと相手にどう思われるかな」と思う状態が挙げられます。しかし、人からどう思われているか気になる人は、裏を返せば相手のことを考えて行動ができるといえるでしょう。そのため「人からどう思われているか気になる」という心情は、メリットとして言い換えることが可能です。

人からの評価を気にすることを悪い方向にとらえず、ポジティブな意味に置き換えることで、面接練習に対する怖さが軽減できるでしょう。

先生の評価が厳しいため

面接官の役をしてくれる先生により、面接の評価がまちまちであるケースが少なくありません。そのため、自分が原因でなく先生の評価によって面接練習が怖いと感じるケースもあります。

先生の評価が厳しく面接練習が怖いと感じる場合は、先生側の立場に立って「なぜ厳しい評価をするのか」について考えることで、面接練習の怖さを克服できるでしょう。

面接練習に対して厳しい評価をする先生の多くは、「生徒に内定を取らせてあげたい」という気持ちを持っている場合がほとんどです。評価の厳しい先生の面接練習を受けることで、「面接本番は緊張しなかった」という学生も一定数存在します。

練習の時点で面接が怖い人でも内定をもらえる?

面接練習の時点で怖いと感じる人の中には、「このままで本当に内定をもらうことができるのかな」と不安になる人もいるのではないでしょうか。

厚生労働省の調査によると、令和3年3月に大学を卒業した人の就職率は96%であり、ほとんどの人が大学卒業までに内定をもらえるといえます。

大学の中では、なんとなく就活を行っている人・そもそも就活を行ってない人など、さまざまな人がいるでしょう。そのため、就活に対して真面目に取り組んでいる人であれば、ほぼ100%内定をもらえるといえます。

(出典:厚生労働省「大学等卒業予定者の就職内定状況調査(大学・短期大学・高等専門学校及び専修学校卒業予定者の就職内定状況等調査):結果の概要」

現時点で、面接練習が怖い人であっても、「内定がもらえるか不安」と焦る必要はありません。

面接練習が怖い人は「1人で行う面接練習」がおすすめ

対面する面接練習が怖い人は、「1人で行う面接練習」がおすすめです。1人で行う面接練習は、先生と対面して練習する必要がなく、怖いと感じることがありません。また、いつでも好きな時間に面接練習ができるため、思い立ったときに面接練習をすることが可能です。

下記では、1人で行う面接練習方法について2つ紹介します。

  • 「YouTube」に投稿されている面接練習の動画を活用する
  • 姿見鏡を活用し自分の立ち姿・表情を確認する

ここから、1人で行う面接練習方法について詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

「YouTube」に投稿されている面接練習の動画を活用する

好きなアーティスト・YouTuberの動画を見るために、「YouTube」を使う人は多いのではないでしょうか。YouTubeは娯楽に使えるだけでなく、面接練習にも活用できます。

YouTubeの検索窓に「面接練習 1人」などと入力し検索すると、面接で出題されやすい質問について投稿されています。また、投稿されている面接練習の動画は、「自己紹介をしてください」などと実際に質問を投げかけてくるタイプの動画もあるため、1人で行う面接練習に役立つでしょう。

動画による面接練習に慣れてきたら面接の臨場感を味わうためにも、先生と面接練習を行うことが大切です。

姿見鏡を活用し自分の立ち姿・表情を確認する

面接では、質問に対する回答だけでなく、面接官に与える第一印象も重要です。1人で行う面接練習では、自分の姿を他の人に見てもらうことができないため、姿見鏡を活用しましょう。

姿見鏡を活用することで、自分の表情・立ち姿など全身の印象を把握できます。また、先述した面接練習の動画を活用しながら姿を確認したい場合は、姿見鏡ではなくスマホの録画機能を使うことがおすすめです。

面接練習が怖いと感じる気持ちを克服する方法

1人で行う面接練習をしたり、その他さまざまな対策をした場合でも、人によっては「面接練習が怖い」という気持ちを克服できない可能性があります。しかし、面接練習がいつまでも怖いままでは、本番の面接に万全な状態で臨むことができません。

以下では、面接練習が怖いと感じる気持ちを克服する方法について2つ紹介します。

視点を変える

面接練習が怖いと感じる気持ちを克服する方法として、視点を変えることが挙げられます。面接練習が怖いと感じる就活生の中には、「面接官の役をする先生が特別な存在」だと感じている人もいるのではないでしょうか。たしかに先生は、学生に授業を行う立場であるため、学生とは立場が異なります。

しかし、先生も学生も立場は違えど同じ人間です。先生であれ、大事な場面に直面すると怖いと感じたり、ダラリとした生活を送ったりすることもあるでしょう。同じ人間として先生を見てしまえば、面接練習に対する怖さを軽減することが可能です。

面接官の役をしてくれる先生を見る視点を変えるだけであり、手軽に実践しやすいため、ぜひ活用してください。

優しい先生と面接練習をする

先生の中には厳しい先生だけでなく、優しい先生も一定数存在します。もちろん厳しい先生からの辛辣な評価で、多くを学ぶことが可能です。しかし、「厳しいから面接練習をしたくない」と感じることは本末転倒といえます。

ときには、優しい先生にあたたかい面接練習の評価をしてもらうことも大切です。優しい先生からの面接練習評価は学べる部分があるだけでなく、モチベーションがアップしたり、自信がついたりするメリットがあります。

「面接練習が怖いな」と感じるときは優しい先生の面接練習を、「ある程度やっていけそう」と面接練習に手応えを感じてきたら厳しい先生に面接練習を依頼するとよいでしょう。

また、優しい先生との面接練習であれば怖いと感じることが少なくなるため、面接練習を多く取り組むことが可能です。自分のレベルに合わせて面接練習に取り組むことで、面接練習に対する怖さを克服できるでしょう。

まとめ

今回は、面接練習が怖いと思う理由や「面接練習が怖い」と感じる人に合った面接練習方法などについて紹介しました。

面接練習が怖いと感じる理由は、「自信がない」「人と話すのが苦手」などといった個人的な理由から、「先生の評価が厳しい」といった周囲の影響による理由までさまざまです。

また、面接練習で緊張する人の中には、「このままで内定をもらえるのか不安だ」と感じる人も多くいるでしょう。一方で、厚生労働省の調査によれば大学生の就職内定率は96%であるため、ほとんどの人が内定をもらうことが可能です。そのため、面接練習が怖いと感じる人でも、内定をもらうことができると言えるでしょう。

この記事で紹介した、1人でできる面接練習方法・面接練習が怖いと感じる気持ちを克服する方法などを活かし、就活に取り組んでください。